猫が人間の身体の上で寝る時の心理5つ

猫が人間の身体の上で寝る時の心理5つ

気ままな猫は、寝る場所も自由。そこが誰かのバッグの上だろうが布団の上だろうが、猫が寝たい場所で、好きなように寝ます。その寝たい場所が、人間の身体の上になることも、しばしばです。どうしてわざわざ、人間の上で寝るのでしょうか?その心理を、探ってみましょう。

2692view

1. 温かいから

人の上で寝る猫

人間の体は猫にとって、良い湯たんぽ代わりになります。冬は特に、暖を取る為に人間の身体を利用します。とは言え信頼していない人間の身体には乗らないので、間違えなく信頼はされていると思って良いでしょう。

猫に乗られると重いのですが、同時に幸せも感じます。金縛りに会ったと思ったら、猫がずっしりと重しになっていたということもしばしばでしょう。猫を重たく感じても、なぜかどけられない…という飼い主さんは多いです。湯たんぽ代わりにされてもイヤと言えないのが、飼い主さんの悲しいサガなのかもしれません。

2. 安心だから

人の上で寝る猫

子猫って、母猫や兄弟猫にぴったりくっついて寝ますよね?あれと同じで人間の身体に乗って、安心感を得ていると考えられます。わざわざ乗らなくても…と思いますが乗ってしまったものは仕方ありません。

猫に無上の安心を提供できていると思って諦めましょう。きっとその善行は、無駄にはなりません。猫へのご奉仕頑張りましょう。

3. 甘えてる

女性の上で寝る猫

人間の身体の上に乗って、甘えているとも考えられます。「この人は乗っかったって、怒らないにゃ」「許してくれるにゃ」と思っている違いありません。

猫に甘えられて、悪い気はしませんね。そのスキにうまい具合に割り込んでくるのが、猫のやり口?なのです。いくら重くても、猫が幸せそうにスヤスヤ寝ているのを見ると、ついつい許してしまうのですけどね…。

4. 優位性を示している

へそ天でこちらを見る猫

猫が人間の身体の上に乗って寝るのは、優位性を示しているという説もあります。「自分のが上ですにゃ」と態度で示していると言うことですね。

真偽のほどは分かりませんが、「何となく、そんな気がする…」と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?筆者も心当たりのある1人です。

5. 守ってくれてる

人の手の中の猫

猫は信頼している人間を、自分の「ナワバリ」だと思うことがあります。そのナワバリを守る為に、身体の上に乗っていると考えることもできます。あくまでも人間を守っているのではなく、自分のナワバリだから守っていると言うことですね。

「これは自分のナワバリにゃ!」と主張している意味もあるのでしょう。特にナワバリ意識の強い猫では、この傾向があるようです。主張が強い時は、スプレーをすることも。これも筆者は、心当たりが…勝手にナワバリにするな!とツッコミたくなりますけど…。

まとめ

らて

猫が人間の上で寝る心理は、様々。その猫の性格や人間との関係によっても、心理が異なっているでしょう。いずれにせよ、猫が身体の上で寝てくれるのは、苦しくもあり嬉しくもあり…そのままにしておくのかどかすのかは人間次第です。さて、どちらを選択しましょうか?

スポンサーリンク