猫が構ってほしいときに見せる仕草5つ

猫が構ってほしいときに見せる仕草5つ

猫は様々な仕草で飼い主さんに要求を伝えていますが、構って欲しい時にはどんな仕草をするか、ご存じですか?猫なりに色々考えているかどうかは分かりませんが、様々な手で構って欲しいことを伝えてきます。早速、見て行きましょう!

2591view

1. お腹クネクネ

お腹を見せる猫

仰向けになってお腹を見せてクネクネする、猫が構って欲しい時の、代表的な仕草です。知らないと、「何してんの?可愛い!」で終わってしまいがちですが、構ってあげましょう。

この時気をつけたいのが、お腹を見せてはいるけれども、お腹を触って欲しい訳ではない、と言うことです。お腹は猫の急所なので、触れらると嫌がることが多いです。お腹ではなく、頰や頭などを撫でてあげた方が、無難です。

2. 鳴いてアピール

鳴く猫

にゃ〜にゃ〜鳴いて構って欲しいと伝えてくることも、多いです。鳴きながら近寄り、スリスリしてくることもあるでしょう。猫が自分から構って欲しいアピールをしてきた時は、できれば相手にしてあげてください。

飼い主さんが構いたくなっても、そっぽを向かれることがありますので、猫がその気になった時に構った方が、スムーズです。たくさんナデナデしてあげてください。

3. イタズラして気を引く

パソコンの上の猫

イタズラをして気を引こうとすることも、あります。例えば、飾ってある小物を落としたり、飼い主さんが使っているキーボードの上に寝転んだりして、アピールします。

こんな時が少しでも構ってあげると満足することがありますが、時には無視も必要です。なぜなら、いつも構ってしまうと、「イタズラすれば構ってくれる」と覚えてしまうからです。かと言って構わなすぎても、ストレスを溜めてしまう可能性が。バランスが、大事です。

4. じっと見つめる

見つめる猫

何か視線を感じて振り返ったら、猫にじっと見つめられていることも。構って欲しいけど、密やかにアピールするタイプですね。そんな控えめなアピールも、可愛いですよね。

ただ、飼い主さんが気づきにくいと言うデメリットがありますので、なるべく敏感に、察知してあげるようにしてください。

5. ちょいちょい

前足を上げる猫

分かりやすく、前足で飼い主さんをちょいちょいして、構ってアピールする猫も。この様子は、とっても可愛いです。メロメロになってしまう人は、続出でしょう。

ほっとけない仕草でアピールするなんて、猫もやりますね。さすがとしか、言いようがありません。

まとめ

とおふ

猫の構って欲しいアピールの仕草には、可愛いものが多いです。それはそうですよね、憎たらしかったら、誰も構ってくれないでしょうから。

猫が可愛い仕草をしている時は、構って欲しい時かもしれません。見逃さないように、注意してください。猫のご機嫌を取る、絶好のチャンスです。

スポンサーリンク