猫の肥満度チェック!愛猫の体型を知ろう

猫の肥満度チェック!愛猫の体型を知ろう

簡単に出来る、猫の肥満度チェックがあります。ぽっちゃり猫の姿は可愛いですが、知らないうちに肥満が病気を進行させているかも知れません。猫の肥満度チェックをして愛猫の体型を知りましょう。

692view

猫の肥満度チェック

体重計に乗る猫

見た目で肥満度チェック

猫の体型を見た目でチェックして肥満度を知っておきましよう。猫の肥満度チェックは、見た目から5パターンのカテゴリに分けられます。

  • 痩せすぎ
  • 痩せている
  • 標準
  • 太っている
  • 太り過ぎ

痩せすぎと言うのも問題なのですが、今回は肥満に重点をおいて見てみましょう。

猫の標準体型は、真上から見てくびれがなだらかです。太り過ぎの猫は上から見ると、くびれがなくひょうたん型にお腹が出ていたり、骨盤がわからないようです。標準体型は、横から見てお腹や腰のくびれがわかるのに対して、太っている猫はお腹が下に垂れて体の曲線に締まりがありません。また、太っている猫は、首も太くなり肩甲骨も見えなくなります。

触って肥満度チェック

猫の肥満度チェックは、見た目と体にタッチする事でより肥満度がわかります。見た目だけでは分からない時は、触って判断してみます。猫の肥満体型は、肋骨を触って「どこかわからない」と感じれば太り気味なのです。猫が標準体型ならば、触った時に肋骨がわかります。また、痩せている猫は、触らなくても肋骨が浮き出ています。

猫の胸囲と後ろ足で肥満度チェック

猫の胸囲部分(胴回り)とLIM(膝からかかとまで)の長さから肥満度がわかるそうです。猫の胸囲とLIM部分をメジャーで測ります。LIMの長さに対して、胸囲の数値が範囲内であればセーフという事です。一度、チェック表を参考にして見ると良いと思います。

猫の1歳時の体重が115%を上回っているか

猫の肥満度チェックには、猫の体重だけでは肥満かどうか判断しにくいのです。そんな時に、猫の1歳時の体重に1.15をかけた数字で肥満度がわかるそうです。つまり、かけた数字が1歳時の体重以上だと肥満になるという事です。

猫の肥満対策

肥満気味の猫

では、具体的に肥満対策はどうしたら良いのか見て行きましょう。

フードの与え方に工夫する

餌を前にする猫

猫の肥満の原因は、フードの与え方です。猫に食べたいだけの量を与えない事が肥満を防ぎます。フードの置きっぱなしは危険だと言えるでしょう。猫に、一日に必要なフード量をお皿に置いている場合はやめて、フードを何回かに分けて与えるしましょう。猫がゆっくりと食べる事も肥満を防ぎます。

猫は噛む事をしないので、猫が早食いしないように工夫してあげます。カリカリを与える時に、遠くに投げたり、高いところに置いて与えるようにします。猫がいろんな方向に動きながら食べるのは、一食分に時間をかけて食べさせるのに良い方法だと言います。これは、猫が運動不足の解消にも役立ちます。

精神的な刺激が必要

おもちゃを狙う猫

猫の肥満には、運動はもちろん大切な事です。本来猫は、狩猟本能をもちあわせています。しかし、飼い主のいる環境の猫は、狩猟本能が薄れてしまうのです。

猫の肥満対策は、肉体的と精神的のふたつが合体して健康な体が保てます。猫のハンター精神は、探す、追いかける、捕獲する事でたくさんのエネルギーと幸福感が満たされます。ハンター精神の刺激が猫の肥満を予防するのです。家の中でも、猫が刺激される運動を心がけていくようにしましょう。

まとめ

ノア

猫の肥満度チェックについて紹介してみました。猫の肥満は、体重だけでは判断出来ないのです。猫種や個体差は、猫によって違い適正な判断は出来ません。しかし、愛猫の年齢から適正体重を知っておく必要はあります。

普段から、愛猫の肥満に気をつける為に、目で見る、触る、測るなどの簡単なチェックが出来るのでやってみるといいですね。また、肥満を予防する対策も大切な事です。おやつの与えすぎ、年齢とフードの量を確認する、刺激的な運動を心がけるようにしたいですね。