うっとり?猫が目を細める時の心理4つ

うっとり?猫が目を細める時の心理4つ

猫は大きな目が特徴ですが、目を細める時があるんです。うっとりとした表情で目を細めることもあれば、リラックスしている時に目を細めることもあります。猫が目を細める時はどのような気持ちなのでしょうか?

1461view

1. 好き、信頼、満足

あごをなでられている猫

好き、信頼、返事

猫があなたを見つめているとします。あなたも猫を見ます。その時に猫が目を細めてくれたら、それは猫からあなたへ「好きだよ」というメッセージです!猫と同じように、ゆっくりと目を細めてあげましょう。

また、あなたが猫と目があった時は、猫に向かってゆっくりと目を細めてみてください。猫も同じように目を細めてくれたら、あなたを信頼している証拠です。さらに、飼い主さんを信頼しているからこそ、猫の名前を呼んだ時「返事」の意味で目を合わせずに、目を細めてくれることもあります。

満足

猫をなでたり、マッサージやブラッシングをしている時に目を細めているのは「気持ちいい」という表現です。人間もマッサージをしてもらうと自然と力が抜けて目を細めたり、目を閉じてしまいますよね。また、ごはんがおいしい時や、味に満足している時も目を細めるんですよ。ごはんが美味しすぎるのか、目を細めて「ウマウマ」と鳴いてしまう猫もいますね。

2. 敵意がない

2匹の猫

猫同士では、目をじっとみる、目をそらさないことは相手に敵意があることを示す行動です。反対に、目を細めたり、目をそらすことは相手に敵意がないことを示しています。人間と猫同士でも同じ意味になるので、初めてあった猫と仲良くなりたい場合は、どんなに可愛くても目をじっと見ないようにしましょう。

3. 眠い、まぶしい

目を細める茶トラ猫

眠い時やまぶしい時、猫も人間と同じように目を細めます。猫がリラックスした座り方で目を細めていたら、寝ようとしているのかもしれません。ウトウトとまどろんでいる時は、かまったりせずそっとしてあげましょう。

4. 体調が悪い

病院にいる白い猫

体調が悪い時や痛みがある時は、暗く狭い場所などで、目を閉じたり目を細めたりしてじっとしていることがあります。目の病気の可能性も考えられます。様子がおかしいと感じたら、動物病院を受診しましょう。

まとめ

レモン

猫と目があった時に、猫が目を細めてくれたら、それは猫からの愛情表現です。目を細めて飼い主さんへ「好き」と伝えている時の猫の顔はとてもうっとりとしています。

また、マッサージやブラッシングで目を細めたら、その場所がなでられてうれしいポイントということになるでしょう。反対に、目をじっと見てくる時は敵意はなくても何かしてほしいことがあって訴えているのかもしれませんね。どんな時に目を細めているのか、愛猫を観察してみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク