猫の快適な寝床を作る方法5つ

猫の快適な寝床を作る方法5つ

猫は自分で快適に寝られる寝床を探しますが、飼い主さんが作ってあげても喜ぶでしょう。もし寝床を作るならどんな寝床が良いのでしょう?ポイントをチェックして行きましょう!

2286view

1. ぴったりサイズ

カゴで寝る猫

猫はぴったりサイズの場所を好む傾向があります。暑い夏はその通りとは限りませんが、ぴったりサイズの寝床に収まっていると落ち着くようです。

ですから猫が気に入る寝床はぴったりサイズにしてあげると喜ぶでしょう。猫によってはぴったりどころかかなり狭いきゅうきゅうな寝床を好む場合も。猫の好みを把握してサイズを決めると良いでしょう。

2. 柔らかい素材

柔らかい場所で寝る猫

猫はふわふわの柔らかい素材を好むことが多いです。寝床にはクッションや柔らかい布を敷き、寝心地良く仕上げると快適に過ごしてくれるでしょう。

とは言え健康な猫ならばそれで良いのですが足腰が弱った老猫の場合は柔らかすぎると立ち上がり辛くなってしまうことがあります。猫の体調に合った寝床を用意してあげるようにしてください。

3. 掃除や洗濯がしやすい

掃除物の上の猫

掃除や洗濯がしやすく清潔に保てる寝床の方がオススメです。猫がキレイ好きというのもありますが、掃除や洗濯ができない寝床だとダニやノミなどの繁殖場になってしまう可能性があります。

マメに掃除・洗濯をするなどして清潔に保てるよう心がけましょう。猫はもちろん飼い主さんの健康にも繋がります。

4. 季節に合ったものを

眠る子猫

暑い夏にもっこもこのあったか素材の寝床を用意しても猫は使ってくれないでしょう。逆に冬にひんやり素材の寝床も嫌煙されます。言うまでもありませんが…

夏は猫が涼しく過ごせる冬は猫が暖かく過ごせる寝床が良いと言うのは間違いありません。季節に合った寝床を用意してあげましょう。

5. 決定権は猫に

こちらを見る猫

結局のところどこで寝るかは猫が決定します。当たり前ですが。いくら飼い主さんが高級な寝床を用意してもそれが入っていた段ボール箱を使うと言うことも良くあります。

ただ、すぐには使わなくても時間が経つと使うようになる場合もあります。しばらく様子を見て置いておきましょう。

まとめ

リン

猫が気持ち良さそうな顔をして、作った寝床で寝てくれたら嬉しいですね!ここで挙げたポイントはほんの1部です。その猫の好みもあるでしょう。

猫の好みが1番分かっている飼い主さんが作ってあげる寝床は最高ではないでしょうか?ぜひ愛情を込めて作ってあげてください。