猫が飼い主の匂いを嗅ぎたがる心理6つ

猫が飼い主の匂いを嗅ぎたがる心理6つ

猫はとにかく、匂いを嗅ぎます。どこでも嗅ぎます。そこに匂いが、ある限り…。なんてカッコよくキメてみましたが、どうして猫は、飼い主を嗅ぎたがるのでしょうか?その心理、ご存知ですか?そんなに変な匂いが、するのでしょうか…?

1807view

どうして猫は飼い主の匂いを嗅ぐ?

臭いを嗅ぐ猫

飼い主の匂いを嗅いで、どうしようというのでしょうか?

1.知らない匂いがするから気になる

臭いを嗅ぐ猫

「にゃんか、知らない匂いする…」人よりもはるかに鼻が効く猫にしてみれば、飼い主さんが他の猫と浮気をしてきたことなど、お見通しです。「私という猫がありながら…」ちょっとプンプンしながら、クンクンと嗅いでいるかもしれません。

猫は自分のテリトリー内に、嗅いだことのない未知の匂いがすると、気になって仕方なくなります。「何の匂い?危険じゃない?」と一生懸命匂いを嗅ぎ、確かめているのです。

そして納得がいくと、自分の頬などを擦り付け、匂い付けをして安心します。飼い主が帰宅すると真っ先に寄ってきて、クンクンスリスリをするのはこういう訳があったのですね。

2.挨拶

臭いを嗅ぐ猫

猫が匂いを嗅ぐのは、挨拶の意味があります。匂いを嗅いで相手の状況を把握し、自分の匂いも嗅いで貰って、挨拶となるのです。

良く猫同士、鼻先を近づけてクンクンする、俗に言う「鼻チュー」と呼ばれる仕草があります。あれはお互いに相手の匂いを嗅いで、挨拶をしているのです。

飼い主に対しても匂いを嗅ぐことで、挨拶していると考えられます。こちらも嗅ぎ返すと、猫流の挨拶をしたことになるでしょう。

3.好きな匂いだから

臭いを嗅ぐ猫

人には嫌がられる、脇や足などの体臭。実は猫は飼い主の体臭が、大好きだったりします。ネット上でも、飼い主の着用後のTシャツの匂いを嗅ぎまくる猫や、足の匂いを嗅いで悶絶する猫の様子が話題を呼ぶことがあります。

体臭が強いと、周りの人に嫌われるのでは?と心配になりますが、大丈夫。猫にはモテモテになる可能性がありますので、もし人に嫌がられたら、その足で猫カフェに出向きましょう。

もしかしたら、あなたの匂いに良い意味でノックアウトされた猫が、寄って来てくれるかも…?

4.仲間かどうかの確認

臭いを嗅ぐ猫

猫は匂いで、様々な判断をしています。実は猫の目はあまり視力が良くなく、視力で物を判断することは、あまり無いようです。

飼い主の匂いを嗅ぐことで、この人は仲間なのかそうじゃないのかを、判断しています。仲間認定されれば良いですが、もし認定されなかった時は…おやつなどでご機嫌をとりましょうか?

5.フェロモンチェック!

口を開けた猫

猫が飼い主の匂いを嗅ぎ、さも臭そうに口を開けてポカンとする姿が、しばしば話題になります。ご存知の方も多いでしょうが、あれば臭いからではなく、「フレーメン反応」と言って猫が口の中にある器官に匂いを送り、フェロモンを嗅ぎ分けている時の仕草なのです。

人の足の匂いは、猫のフェロモンに似ているとの話があります。良く猫が飼い主の足の匂いを嗅ぎ、変な顔(フレーメンしてる顔)になるのも納得が行きますね。

6.何やら美味しそうなかほりが…

臭いを嗅ぐ猫

単純に、飼い主の口や手から、美味しそうなかほりがしているのかも。特に肉や魚を調理した後は、猫がワラワラと寄ってくるかもしれません。人間用の食べ物を与えるのは良くありませんが、匂いだけ堪能させてあげても、バチは当たらないでしょう。

まとめ

臭いを嗅ぐ猫

猫にとって「匂い」は、様々なものを判断するバロメーター。匂いを嗅がなければ、目の前のものが何かを、判断できないのです。ご飯が目の前にあっても、匂いがしないとご飯だと分からないほどです。

ですから、猫が飼い主の匂いを嗅ぐのは、ある意味必要だからだと考えられます。飼い主の匂いを嗅ぐことで、色々な判断をしているのでしょう。どんな判断なのかは、良く分かりませんが…

スポンサーリンク