愛猫の名前を呼ぶとしっぽだけ動かすときの心理5つ

愛猫の名前を呼ぶとしっぽだけ動かすときの心理5つ

猫の名前を呼んだ時、返事をせずになぜかしっぽだけを動かすことはありませんか?どうしてなのか不思議です。あの仕草にはこれからご紹介するような心理が隠れているよう。早速チェックしてみましょう!

7187view

1. 聞いてるよ〜

後ろを向く猫

飼い主さんの声はきちんと届いています。でもリラックス中や眠い時なので返事をするのが面倒に感じているだけなのです。でも完全に無視するのは申し訳ないのでしっぽだけ動かして「聞いてるよ〜」と伝えているのでしょう。

ちなみにしっかりと返事をする余力がある時は飼い主さんの方を向いたり鳴いたりしてくれます。でも何度も呼ばれるとさすがに面倒になって、しっぽだけの返事になるようです。

2. 飼い主さんを子猫扱い

尻尾を振ってこちらを見る猫

母猫気分で、子猫である飼い主さんに呼ばれたからしっぽでお返事、ということもあるよう。ええ〜!こっちがお世話しているのに、猫の方が上の立場になっているなんて…。と衝撃を受けてはいけません。

飼い主さんのことを子猫だと思って保護してくれる猫はたまにいるのです。中には夜更かしていると叱ってくれるいかにも母猫然としている場合も。ここは大人しく、子猫になっておきましょうか。それが家庭円満の秘訣かもしれません。

3. 今はそっとしておいて

尻尾をふる猫

今はそっとしておいて欲しいと思っている時も、しっぽだけで返事をすることがあります。既に寝ている体勢に入っている時は放っておいて欲しいのでしょう。猫の気分を尊重してあげてください。

マイペースな生き物なのでいつでもお触りウエルカムではありません。猫が受け入れてくれる時だけ触れ合うことをお勧めします。無理に飼い主さんの都合に合わせてしまうとストレスを溜めてしまうでしょう。ご注意ください。

4. 嬉しいにゃん

尻尾を立てて嬉しそうな子猫

大好きな飼い主さんに話しかけられて嬉しくて、しっぽを振ることもあります。ゆっくりと振っている時は嬉しさを表していると考えられます。気持ちを汲み取る為にしっぽの動きを良く観察してみてください。

猫の気分を取り違えると困ったことになってしまうかもしれません。機嫌が良い時はしっぽはゆっくりと動きます。ここを勘違いしないようにしてください。

5. 今イライラしてるの!

イライラ中の猫

もしバタバタと早くしっぽを振っていたら、ご機嫌斜めの証拠です。あまり絡みにいかず放っておいてあげてください。ご機嫌が良くなったらたくさん構いましょう。

犬はご機嫌が良いとしっぽを早くたくさん振りますが、猫は逆なのです。ですから間違えないように気をつけてください。バタバタと振っているのに機嫌が良いと思って近づいたら噛まれてしまった、ということになってしまっては大変です。

まとめ

琥珀

猫の気持ちは全身に現れていますが、しっぽも良く観察してみると感情がダダ漏れです。しっかりと気持ちを把握してあげてください。猫の感情が分かるとより信頼関係が分厚くなり、一緒に暮らすのが楽しくなるでしょう。

スポンサーリンク