猫が飼い主の『顔の近くで寝る』3つの理由

猫が飼い主の『顔の近くで寝る』3つの理由

猫ちゃんが顔の近くで眠ってくれるとそれだけで嬉しくなってしまいます。色んな場所があるにも関わらず、どうして顔の近くを選ぶのでしょうか。

3199view

なぜそこで寝る?

猫と女性

猫ちゃんと一緒に暮らしていると、一緒になって眠ってくれることが飼い主さんの楽しみになる人も多いと思います。眠ると言っても、飼い主さんの足元やら布団の中やらと色んな場所があるのですが、中でも顔の近くに眠ってくれると一層絆が深まったような感じを受けます。

大好きな愛猫の寝顔も見れるので嬉しいのですが、なぜ顔の近くで眠る猫ちゃんはその場所を選んでいるのでしょうか。今回はそのテーマについてまとめてみました。

1. 家族のように思っているから

子猫を撫でている猫

顔の近くで寝てしまう猫ちゃんを飼っていると、よく飼い主さんが朝起きたら目の前に愛猫の顔があってびっくりしたという経験をお持ちの方が多いと思います。

これは猫ちゃんの習性によるもので、鼻と鼻をくっつけて挨拶代わりのコミュニケーションをとることから、顔の近くを選んでいるのです。よって、顔の近くは猫ちゃんにとって愛情を表す場所でもありますので、飼い主さんのことを母猫や兄弟のように思っている可能性が高いです。あたたかい目で見てあげましょう。

2. 甘えん坊だから

女性と猫

飼い主さんの顔の側までやってくる猫ちゃんは、甘えん坊な性格であると言われています。人間と同じで大人よりは子どもの方が甘えん坊な性格をしていることが多いので、猫ちゃんの世界でも子猫に多い現象といえます。

まれに成猫になっても、子猫のときの習性で顔のそばまで来てしまう子や、成猫になっても未だに甘えん坊な性格である子は繰り返し、飼い主さんの顔の側まで来てしまうようです。

ゆっくりと撫でてあげて甘やかしてあげて、ここは安心できる場所なのだと教えてあげましょう。

3. 寝心地が良いから

女性の肩に乗る猫

その他の場所よりも、飼い主さんの顔の近くが一番寝心地が良いから、という理由で選んでいるのかもしれません。

飼い主さんの近くはやはり、一番猫ちゃんにとって安心できる場所ですし、ふかふかの布団の上でかつ、大好きな飼い主さんのにおいもたっぷりとついているので、寝る場所としては最適な場所なのです。

飼い主さんと信頼関係がないとこの場所の価値はなくなってしまいますので、愛猫に好かれている証拠と受け取って良いでしょう。

まとめ

女性と寝る猫

猫ちゃんは寝たりくつろいだりするときに、最適な場所を見つける能力があります。その結果飼い主さんの顔の側を選んでいますので、ほかの場所よりも良いと思って選んでいます。

飼い主さんもそのことに感謝しながら、愛猫に今まで以上の愛情を注いであげましょう。猫ちゃんにとってはそれが一番の幸せなのです。

スポンサーリンク