猫に指を差し出すとニオイを嗅いでくる理由3つ

猫に指を差し出すとニオイを嗅いでくる理由3つ

どんな猫ちゃんでも指を近づけるとニオイをくんくんと嗅いでくると思われます。これは猫ちゃんにとってどのような意味をもつのでしょうか。

1945view

指のニオイを嗅ぐ意味

指のにおいをかぐ猫

初めて会った猫ちゃんでも指先を出すと、そろそろと近づいてニオイを確認する仕草を見せてくると思います。クンクンと念入りに嗅ぐ子もいれば、浅く嗅いですぐどこかへ行ってしまう子もいます。

何かしらの突起物を猫ちゃんの目の前に出すと必ずにおいを確認するのです。これは猫ちゃんにとってどのような意味をもつのかを調べてみました。

1. 挨拶代わりだから

挨拶し合っている猫

猫ちゃんの世界では鼻と鼻をくっつけてクンクンにおいをかぎあうことは、「名刺交換」の意味を持ちます。自分のにおいと相手のにおいを確認し合っているのです。視力が0.1~0.2くらいしかない猫ちゃんにとっては嗅覚を使って相手の情報を取り入れているのです。

この仕草を経ることによって、猫ちゃんと仲良くなりやすいとも言われています。そのため積極的に猫ちゃんには指先を出して、においをきちんと確認してもらいましょう。

猫パンチをされたり逃げ出したりされなければ、警戒をされていない証拠ですので少しずつ猫ちゃんとの心の距離を詰めるようにしてあげましょう。逆に距離をとられてしまった場合は、少し時間を置いてから接することが良いでしょう

2. 習性による

花の匂いを嗅ぐ猫

猫ちゃんの本能として、もともと何か突起物を差し出されると、においを確認するという行為が体に刻まれています。そのため反射的に近づいてしまうのです。

今対峙している相手は敵なのか害のない者なのかという情報も、においから確認しているのです。逆にこの習性を利用して、猫ちゃん同士が仲良くなることにも役立ちますし、もちろん人間である飼い主さんが猫ちゃんを仲良くなるためにも利用できます。

3. 確認のため

指に近づく猫

大好きな飼い主さんの事は声などでも認識しているのですが、やはりにおいでも確認できた方が猫ちゃんは安心するのです。そのため猫ちゃんは毎日飼い主さんのにおいを確認します。

仕事から帰ってきたときやお風呂から上がったときなども、猫ちゃんの方から近づいてにおいを確認するときだってあります。お風呂上りは飼い主さんの元のにおいが薄れていたりするので、猫ちゃんも念入りに確認する可能性が高いです。

飼い主さんもなるべくにおいを確認されているときは、じっとして猫ちゃんが作業を終えるまでなされるがままでいましょう。

まとめ

ロン

猫ちゃんから見ても、指先のにおいをかぐことは必要なこととして行なわれていることが分かりました。様々な意味をもってにおいを確認していますので、飼い主さんはなるべくじっとして嗅ぎやすいようにしてあげましょう。

スポンサーリンク