猫が飼い主に尻尾をぶつけてくる心理3つ

猫が飼い主に尻尾をぶつけてくる心理3つ

猫ちゃんが飼い主さんに尻尾をぶつけてくるシーンってありませんか?その時、猫ちゃんは一体どんな気持ちでいるのでしょうか。ここでは、そんな猫ちゃんたちの心理について紹介したいと思います。

1236view

猫ちゃんの尻尾は感情豊か

箱から出ている猫の尻尾

猫ちゃんは、飼い主さんに対して自分の感情を尻尾や鳴き声で表してくれます。特に尻尾は猫ちゃんの感情がはっきりと表れるので、飼い主さんも観察していると色々な発見がありますよね。

  • 甘えたい
  • 嬉しい
  • 不機嫌
  • 遊んでほしい

こんなふうに、猫ちゃんの尻尾はその時の感情によって様々な動き方をします。では、尻尾を飼い主さんにぶつけてくる時の猫ちゃんは、どういった気持ちでいるのでしょうか?

1.「飼い主さん、大好き!」

人にすり寄る猫

猫ちゃんが飼い主さんに尻尾をぶつけてくる時は、基本的に飼い主さんのことが「好き」という感情を表している時ことが多いです。猫ちゃんの尻尾の付け根にはフェロモンを出す効果があるので、それを飼い主さんに付けることで「自分のもの!」と言いたいのです。

こういうふうに猫ちゃんからマーキングをされる飼い主さんは、とても猫ちゃんに好かれているのです。また、尻尾以外に頬などをこすり付けてくる場合にも、同じように飼い主さんにマーキングをして「飼い主さんは自分のもの!」とアピールしているのです。

2.「今は抱っこしないで!」

抱っこされる猫

猫ちゃんを抱っこした時にも、飼い主さんに尻尾をぶつけてくる時はありませんか?こちらは飼い主さんのことが好きでマーキングしてくる時とは少し理由が違います。

抱っこが好きではなかったり、苦手な猫ちゃんは、飼い主さんから抱っこをされると不機嫌になって尻尾をぶんぶんと振って、飼い主さんにぶつけることもあるようです。

この時は、猫ちゃんが飼い主さんに対して「抱っこはイヤ!」と主張しているので、床におろしてあげるなどしましょう。

3.「遊んでほしいにゃ!」

おもちゃを狙う猫

飼い猫ちゃんは、外で獲物をつかまえることができないため、おもちゃなどを獲物に見立てて遊びます。その時に、お気に入りのおもちゃを飼い主さんのところまで咥えてきて「遊んで!」とアピールする猫ちゃんもいるんです。

目の前に獲物があるわけですから、狩猟本能で尻尾をぶんぶん。うちの猫は私の膝に乗っておもちゃを狙うので、よく尻尾をぶつけられます。獲物を前にした時の猫ちゃんは、本能的に思わず尻尾を振ってしまうわけですね。

まとめ

しっぽを振る猫

猫ちゃんにとって尻尾は感情を表す部分なので、飼い主さんも愛猫ちゃんの尻尾を観察すると、今愛猫ちゃんがどんな気持ちなのかよく分かるでしょう。

どんなにツンデレな猫ちゃんでも、尻尾が思わず動いてしまって感情を隠しきれていなかったりする子もいるので、そんなところも可愛いですね。

尻尾がピンと立っている時の猫ちゃんは好意的なので、マイペースな猫ちゃんでも飼い主さんと接する時には、きっと思わず尻尾を立ててしまっているかも知れませんよ。

スポンサーリンク