猫がたくさんおしゃべりする…!言っていること5つ

猫がたくさんおしゃべりする…!言っていること5つ

みなさんの猫ちゃんはお喋り上手ですか?猫は猫同士ではほとんど鳴かないのに、飼い主さんに対しては積極的に鳴くことがあります。今回は、猫はなぜ飼い主さんに鳴くのか、そして猫が鳴く時の心理はどんなものかについて解説いたします。

14021view

成猫が鳴くようになったのは人間がいたから!

ごはんをもらう猫

猫同士では鳴かないのに飼い主さんには鳴く不思議

猫は鳴き声でコミュニケーションを取ることはあまりない動物です。基本的には子猫の頃に母猫に対して鳴くという程度で、成猫になってからは猫同士で積極的に鳴き声でのコミュニケーションを取ることはほとんどありません。

なぜかというと、猫は単独行動かつ待ち伏せ型のハンターであり、鳴き声で自分の存在をあらわにすることはリスクが高い行為であるためです。しかし、猫と暮らしていると飼い主さんに向かって鳴いて何かを伝えようとすることが頻繁にあります。

多頭飼いをしていても、猫同士では鳴き声でのコミュニケーションを取ることはほぼないのに、なぜ飼い主さんに対しては積極的に鳴くのでしょうか?

成猫が鳴くのは人間にアピールするため

成猫が人間に対して鳴くようになったのは、今から約1万年前と言われています。これは猫が人間と共生を始めたころで、人間に餌をもらうためにアピールしようとして鳴き始めたと言われています。しかも、猫たちはあらゆる鳴き声のレパートリーを駆使して人間にアピールするように。

猫と暮らしていると、時々「なにそんなカワイイ声出しちゃって!」と笑ってしまうほど、まるで子猫のように可愛らしい声で鳴いてくれることもあります。猫たちはきっと、飼い主さんがどんな声に反応してくれるのかということを日々研究しているのでしょう。

1.「お腹減った!」

鳴く猫

朝飼い主さんが目覚めると、すかさず鳴いて「ごはんちょうだい」のアピールをしてくる猫ちゃんは多いですよね。「お腹減った!」の鳴き方は大きくはっきりとしているのですが、猫の鳴き声は猫ちゃんの要求度の高さに比例して大きくはっきりとします。

食いしん坊の子や食べ盛りの子猫は、一生懸命鳴いてごはんを要求することが多いです。そして、まるで飼い主さんをフードの置いてある場所に誘導するかのような行動をとったり、ごはんを食べる場所でウロウロしながら鳴くこともあります。

2.「遊んでー!かまってー!」

鳴く子猫

飼い主さんが何かの作業に集中している時に猫ちゃんが鳴いてくることはありませんか?

これは飼い主さんに対して

  • かまってほしい
  • 遊んでほしい
  • 甘えたい

など、飼い主さんの注目を自分に集めるために鳴いているのでしょう。

飼い主さんが洗濯物や掃除をしている姿がなんだか楽しそうで、自分も一緒に遊びたいと思っていることもあります。遊びに積極的な子は、自分のおもちゃをくわえて来て鳴いたり、おもちゃのまわりをウロウロしながら鳴くこともあります。また、なでてほしい時や甘えん坊の気持ちになった時などにも、鳴いてアピールすることがあります。

3.「やぁ!元気?」

足にすり寄る猫

成猫になってからの、猫同士での唯一の鳴き声が「ニャッ」という短い鳴き方です。これは猫社会でのあいさつを意味し、親しい猫に会った時にする鳴き方です。ちょうど人間の「やぁ!」のような鳴き方です。猫は人間にも猫流のあいさつをしますので、飼い主さんを見つけた時や目が合った時などに「ニャッ」と短くなくことがあります。

4.「もう待ちきれないっ!」

餌を催促する猫

遊びたくてたまらない時や飼い主さんがごはんを用意している最中など、猫ちゃんがワクワクして興奮が高ぶった時に「ニャニャニャッ」というように連続して鳴くことがあります。

飼い主さんにアピールするというよりも、気持ちが高ぶってつい声に出てしまっている、という状態の時もあります。この連続した鳴き方はまるで「はやくはやく」と言っているみたいで可愛いです。

5.「ちょっとそれはイヤなんですけど」

イカ耳で鳴く猫

なでられ続けてうっとうしくなってしまった時や、爪切りやブラッシングなどの乗り気でないものごとの際に、低めの声で「ムニャムニャ…」「ウウウ…」ともごもごした鳴き方をすることがあります。

これは「シャー!」というほどには怒っていないものの、「もうやめてほしい」と不機嫌になっている時です。激怒するというよりは、ムニャムニャと文句を言っているようなニュアンスなのかもしれません。

まとめ

ハル

猫は人間と共生を始めたことがきっかけで、成猫になってからも人間に対して鳴き声でコミュニケーションを図るようになったと言われています。そのため、猫が飼い主さんに対して鳴くのは何らかの要求がある時と言えます。

確かに猫と暮らしていると、さまざまなシーンで猫が喋りかけてきます。猫のその時の気持ちによって鳴き声も違っているので、そのバリエーションの豊かさに「本当に喋っているのでは…」と思ってしまいます。みなさんもぜひ、猫ちゃんのお喋りに耳を傾けてみてくださいね。

スポンサーリンク