猫は人間の言葉をどこまで理解している?

猫は人間の言葉をどこまで理解している?

猫ちゃんを飼っていると、ついつい何かと声を掛けてしまいますよね。返事をしてくれると嬉しくなりますし、もしかして分かってるのかな?と思ったり…。猫ちゃんは人間の言葉を理解しているのでしょうか?分かるとしたらどこまで?猫ちゃんと人間の言葉についてまとめてみました!

23020view

短ければわかる!猫ちゃんが分かる言葉は?

口を舐める猫

基本的には短い言葉で繰り返し使われる言葉…例えば、自分の名前、猫ちゃんにとって良い言葉、悪い言葉などが覚えやすく理解しやすい言葉のようです。

「ごはん」「行ってくるね」「おはよう」「だめ!」「コラ!」などの単語に反応をする猫ちゃんは多いのではないでしょうか。我が家の猫は、二階にのぼるときに「上行くよ」と言うと先にのぼって行きます。逆に「降りるよ」も分かります。

分かっていても無視することも

して欲しくないことをされたら、「ダメ!」「やめなさい」と叱りますよね。耳やしっぽは反応しているのに、全く言うことを聞かない時、ありませんか?

猫ちゃんの頭は、人間の1歳から3歳児程度の知能があり、脳の大きさからおよそ80種類程度の言葉なら理解出来るのでは?と言われています。

ですので、叱られているということは分かっているけど「やめろと言われてもやりたいのにゃ」といった気持ちであえてやめないといった知能の高い行動を示す猫ちゃんもいます。

 

人間の言葉が分かる理由

女性と猫

厳密に言うと、実は人間の言葉を理解しているというより、人間から発する音を理解しているというのが正解のようです。例えば、ごはんをあげる時に「ごはんだよ」と声をかける飼い主さんであれば、その音=ごはんという感じで覚えていきます。

覚えさせるには繰り返し同じトーンで

逆に、言葉を覚えさせたい時にはこの音を利用するのが良いでしょう。

  • 繰り返し言う
  • 物や行動と同時に言う
  • 同じトーンで
  • 同じ言葉で

を守れば覚えられるはずです。

長い言葉の場合

泣いている女の子にすり寄る猫

あまりに「聞いて聞いて!今日こうこうこういうことがあってね…」などの長々と話す言葉は理解できません。ただ、雰囲気で飼い主さんの喜怒哀楽を掴むくらいなら出来るので、猫ちゃんによっては悲しんでいる時に慰めてくれることもあるかも。

「ダメな子」「悪い猫」というような意味の話し言葉でもなんとなく察して猫ちゃんは傷つきます。なるべく言わないようにしましょう。

こんな逸話も!

ふてぶてしい野良猫

言葉が分かるといえば、こんな出来事も報告されています。

とある飼い猫ちゃんが、外に出かけて何日も戻らず心配していた飼い主さん。その辺一帯を縄張りにしている、飼い猫の父親でもあるボス猫ちゃんに「ウチの子見かけたら帰ってくるように伝えてくれる?」と言ったところ…なんと2時間後にボス猫ちゃんが飼い猫ちゃんを連れて帰ってきたのです!

このように、人間の言葉を理解し、さらに他の猫に伝えるといったとても高度なワザも本当は出来るのかもしれません。

まとめ

猫を抱っこする小さな女の子

猫ちゃんは人間が思っているよりずっと人間の言葉を理解しています。

どうせなら「いいこだね」「かわいいね」「ウチに来てくれてありがとう」と猫ちゃんが喜ぶ言葉をたくさん伝えたいですね。

女性 匿名

猫と会話が出来たら良いのに。
と思う反面、本当に人と猫と会話が出来たら、
家族や友人らとケンカすると.
猫の前で着替えると…
聞いたもの、見たものを全て近所中に喋られてしまう気がします。

50代以上 女性 匿名

うちには2匹の猫がいます。1匹は生後1ヶ月半の時に保護してうちの子になりました。その猫はほぼ人間が話している事は解ると思います。小さな時から大人の人間だけと接触してきたので人間の様子を観て判断していると思います。可愛いと言う言葉に反応するし猫に対して良くない事を言うと爪を立てて飛びついてきます。普通に会話している中で声のトーンも変わらない時にです。普段猫には殆ど怒りませんから私には飛びついて来る事は滅多に無いからです。小さい頃にテレビをつけていると良く観ていました。からなのかは解りませんが=(^.^)=

40代 女性 ハチワレにゃんこ大好き

絶対あります!現に私の猫ちゃんは
今は天使になりましたが、私が若い時に夜遊びして遅く帰った日に限って
鍵が見つからずに玄関で困ってたら、(真夜中)何と開くはずの無い鉄の鍵をカシャカシャとして開けようと。
メスを呼ぶようなこえで騒いでくれました、その大きな声で玄関に1番近い姉が鍵を開けてくれ無事に部屋に。
聞いたら部屋に入り起こしてくれたみたいで。普段も私の事だけ遊びたい時に名前を呼んでくれたりしてくれて。

あの必死な顔と鳴き声は今でも忘れられません。

40代 女性 うみのるり

亡くなった猫とは本当にコミュニケーションできていたと思います。
出かけるときに黙って出かけるとすねて、お留守番しててねというとちゃんと待っていました。
帰ってきて、お留守番ありがとうと言うと自分の好きな場所に移動して自由にしていて、待っている間は私の部屋でずーーーっと待っていたんじゃないかという感じです。
ダメというのもわかって、やってほしくないことはちゃんと一度伝えて理解してくれていたすごいおりこうさんでした。
今もまだ絆を感じますが、新しい猫ちゃんがやってきて、少しずつコミュニケーションできるようになりはじめました。
コミュニケーションの方法も猫それぞれなんだなと改めて思います。
あとは、自分の話を電話とかでされていると 何話してんの?とよく登場しましたね。
新しい猫ちゃんはそれほどじゃないですが・・・
オス、メスの違いもあるんでしょうけれど、オスだった亡くなった猫はとにかく甘えん坊で寝るよもわかって、寝るときは一緒に寝る人を選んだり、落ち込んでいたら慰めてくれたり本当に本当にやさしい子でした。
今の女の子もたぶん、あまりに落ち込んでいる私をみかねて猫ネットワークでつながってやってきたと思います。

女性 匿名

娘が高校卒業して
専門学校に
通学は大変だから一人暮らしを始めました
私は寂しく毎日を過ごしていました
そこに現れた若い
三毛の野良猫

買い物に外に出ると【どこ行くの⁉️私も行く】と付いて
スーパーは信号があり
付いてきたら危ないので
【危ないから、ここで待っててね】
言うと【わかった】
とレンタルビデオ屋さんの
前にちょこんと座って待ってました
まるで私を慰めに来たような
人なつこいのです
妊娠していて
獣医さんに連れて処置をして貰い
我が家の一員に【ミャーミャン】と
その子が現れる数年前に
やはり野良犬を長男が連れて帰り【ターフ】と名付け
8年我が家で過ごし天国に旅立ちました
縁があり
数日後仔犬を貰ったのです
だから
ターフは神様に
【私は元のおうちに帰りたい。でも別の仔犬が居るので猫になりたいです】と産まれ変わって来たと思いたいです16年暮らした
そのミャーミャンも旅立ち
4年前に梅田から保護猫
三毛猫を迎えました

50代以上 女性 ちょこママ

30年前
長男が
新車で大阪方面に遠出して帰り住之江公園近くまで来た時
一匹の野良犬がセンターラインをとことこ歩いて来ました
慌てて急ブレーキかけて周りの車も急停車
息子が外にでたら
怪我はなく
近くのガソリンスタンドの店員さん【段ボール使ってください】
後続の運転されてた方が
親切に【今近くの獣医さんに連絡しましたからね】
息子は獣医さんに連れて
そのまま連れて帰宅
帰宅が遅いから心配してたら【これから犬連れて帰ります】と電話
翌日近くの獣医さんに行きました
推定年齢は8歳
それから毎日
通院に
息子は自分のお給料を2ヶ月費やしました
最初は
薄汚れて汚かったので
獣医さん【この子は段々綺麗になってきましたね。幸せな子ですよ】と
名前は【ターフ】と
娘は小学4年生
それから月日が流れターフは
多臓器がんで
8年後に旅立ちました何か
縁があり
数日後に仔犬【マーフィー】を貰ったのです
娘も高校卒業して専門学校に
通学は大変だから大阪で
一人暮らしを始めました
マーフィーは居るけど
ターフは居ない
娘も居ない
毎日寂しく過ごしていました

有る日の事
若い三毛猫が現れたのです
とても人なつこい野良猫が
まるで
淋しい私を慰めるように
どこに居ても私が外に出ると
【どこ行くの⁉️私も行く】と付いてきます
ライフに行くのも
信号渡るので付いてきたら危ない【危ないから、ここで待っててね】と言い聞かせ
【解った待ってるよ】
レンタルビデオ屋さんの店の前にちょこんと座って待ってました
きっとこの子はターフの生まれ代わりだと
【神様私は前の家に行きたい。でも既に違う犬が居る
私はだから猫になって行きます】と
だからミャーミャンと名付けました
その子も16年暮らした末
旅立ちました
数年して
梅田
中崎町の保護者さんから
保護猫を譲って貰って
私の部屋を我が物顔に過ごしています
犬も猫も言葉は理解できます

30代 女性 アカ

前に飼ってた猫なのですが、友達を呼んで、夕食で焼肉をする日の朝、アカ(当時刈ってた猫)に、「アカよ今日の晩はアカの好きなものするよ。」と言いました。
夕方、友達が来て、近くを散歩して、友達と家に帰ったのと同時に、どこかで環視されてたのか❓同じタイミングでアカも帰って来たことがありました。

スポンサーリンク