猫は頭悪いのか、知能指数と能力の高さについて

猫は頭悪いのか、知能指数と能力の高さについて

猫は犬に比べて芸も覚えないし、言うこともきかないし、犬よりも頭が悪いのではと思う方もいるのではないでしょうか。しかしわがままなところはあるものの、猫は本当に頭が悪いのでしょうか。調べてみました。

1106view

猫は本当に頭が悪いのか

本の下にいる猫

猫は頭がいいのか悪いのかご存じでしょうか?猫は従来、犬と違い、単独動物でもあることから、社会性や物や人を結びつける能力は劣り、頭も悪いとされていました。しかしながら近年の研究では、頭が悪いと言われてきた猫もおおまかな数を認識でき、人間の赤ん坊の初期の認知段階である、視界から物を隠すことでそれが消えてもそれがどこにあるかどうか分かるという、対象の永続性という状態も能力として持っていることが分かりました。

また、これははっきりしていませんが、猫の中には明らかに異種の動物でも家族のように接する個体もいて、今後、単独動物であるゆえに社会性や協調性が薄いという部分もくつがえるかもしれません。

猫は本当に頭が悪いのか検証、知能指数について

本の上で寝ている子猫

では数値から見た猫の賢さについてはどうでしょうか。人間も含め、動物の頭の良さを知る1つの方法として脳化指数というものがあります。これは脳の重さと体重から算出される指数で頭の良さを計るものです。数字の大きい方がより賢く、小さい方がそうではないとされています。

これによると1位はやはり人で、7、4~7、8で、2位バンドウイルカ5、3、3位チンパンジー2,2~2,5がベスト3となり、その後、クジラ、キツネ、カラスと続き、やっと犬1,25、猫、1,0と続きます。

脳化指数では頭が悪いとされる猫よりも犬の方が上回っていますが、実際はそれほど差がなくどちらも人間でいう2歳児程度の知能だとされています。猫は人やイルカ、カラスなどにはやはり劣るものの、知能指数では頭が悪いどころか動物の中ではかなり賢い部類に入ると言えるでしょう。

猫は本当に頭が悪いのか検証、能力の高さについて

黒板を見ている子猫

頭が悪いとされる猫ですが、最初にも書いた通り、猫の知能を計る実験では、訓練すれば猫は点2個の集合と点3つの集合、つまり数を区別することができ、猫の好きな物を障害物の後ろに隠すと探しに行くという物の永続性という認知能力もあることが分かっています。

他にも猫は、コップに隠された鈴をシャッフルしても当ててみせたり、他の動物が入れるようにドアを開ける、人間の流すトイレを見て自分もそこでするようになるなどの能力を見せることもあります。

このように能力の高さから見て一概に猫の頭が悪いとは言えないのではないでしょうか。

猫と犬と人間のそれぞれの能力比較

犬と猫

では猫と犬、人間の能力を比較してみるとどうでしょうか。人間の2歳児を対象にすると数値的知能では、ほぼ犬と猫も同等の賢さがあります。人間の2歳児は言語能力や数学的力では猫を大きく上回りますが、空間認知力や運動感覚は頭が悪いとされる猫の方が上です。犬と比べた場合、猫は本能的なことは覚えやすく、犬は学習することが得意だとされています。

例えば頭が悪いとされる猫はトイレなどをすぐ覚えますが、犬はしつけが必要です。反対に犬は芸を覚えたり人間の言葉を理解するのは猫よりも優れています。

このように人間の子供と犬、猫を比較してみると頭の良さというものは、どこか一つの能力にくくれないものであり、それぞれに得意なこと、苦手なことがあるというのが分かります。

猫種でも賢い、頭が悪い種類がいる?

犬とじゃれている猫

では同じ猫種でも賢い猫と頭の悪い種類がいるのでしょうか。

これは種類というよりその猫種の性格を人間がどう捉えるかということのようです。例えば賢い猫種はアビシニアンやソマリ、シャム、スコティッシュホールドなどと言われていて、名前を呼べば来る、人の言うことをよく理解する、ボールを取るような芸を覚えるなどすることもあります。しかし、これらの猫達は賢いがゆえにしつけを怠ればいたずらに歯止めが効かなくなり、人間にとっていうことをきかない利口でない猫、頭の悪い猫となってしまうのです。

このように猫は奔放なところはありますが、決して生物として頭が悪いということはなく、犬などと同じく賢さというものが、人間のさじ加減で計られた上で決められているということが分かります。

まとめ

寝転んでいる猫

いかがでしたか?猫は犬よりも頭が悪いとされることもありますが、それはあくまで人間により従順であるかという点で計ればそういうところもあるということなのです。生物としてなら猫は頭が悪いどころかむしろ賢い動物に分類されてもいいぐらいなのです。

人気のキーワード