さわると嫌がる猫の部位5選!猫パンチが来るかも?

さわると嫌がる猫の部位5選!猫パンチが来るかも?

顔周辺はもれなくさわると喜んでくれることが多いですが、それ以外の場所はどうなのでしょうか?猫がさわられると嫌がる体の部位、まとめてみました。しっかりとポイントを押さえておきましょう。

1012view

1.お腹

猫のひらき

あのふわふわでモッフモフなお腹、ついついさわりたくなってしまうのですが。でも嫌がる猫は多いです。なぜなら急所だから。大事な内臓が詰まっているのにそれを守る骨がない部分なので、さわられると本能的に拒否反応を起こしてしまいます。

猫が目の前でゴロンとお腹を出して横たわったのでさわってみた。こんなこともあるでしょう。でもその結果待っていたのは痛い応酬だったなんてことも。基本的にお腹はさわられたくない場所なので、避ける方が無難です。

2.しっぽ

猫のしっぽ

自由自在に動くしっぽ。実は神経が何本も通っている部分なのです。その為敏感なのでさわられるのを嫌がります。軽くだったら許してくれることもありますが、なるべくさわるのは避けましょう。

強く引っ張ったり踏んだりするとしっぽの中の神経が傷ついてしまうことがあります。小さなお子さんがおもちゃ代わりに遊んでしまうケースがありますので、十分注意してあげてください。気付かずに飼い主さんが踏んでしまうことも。猫の大切なしっぽ、大事に扱ってあげましょう。

3.足先

猫の足先

足先はとても敏感なので、さわろうとするとヒュッと引っ込められることが多いです。特に握られるのを嫌がるのでやらないようにしてあげましょう。

もしさわるなら、本当に優しくです。軽く指先で撫でる程度なら大丈夫でしょう。それでも猫が嫌がるそぶりを見せるなら、さわらないようにしてあげてください。

4.ひげ

猫のひげ

ひげもかなり敏感な部分です。根っこが神経に直接繋がっている為に多くのことを感じられるようになっています。ですから不用意にさわろうとすると嫌がられることが多いでしょう。

ひげ先に触れると変顔になることがあるので面白いのですが、いたずらするのはやめてあげましょう。

またカットしてしまうのも禁止です。猫にとって周辺状況を探る為の大切な部分なので、気をつけてあげましょう。

5.肉球

ピンクの肉球の猫

肉球にさわられるのを嫌がるケースもあります。あのぷにぷにをツンツンしたい気持ちは良く分かるのですが…。ファンが多いことでも知られている部分です。

嫌がられることが多いので、そのようなそぶりをされたらさわらないようにしましょう。猫の様子を見ながらもし平気そうだったら、優しく触れてみても。ストレスにならないようにしてあげるのがポイントです。

まとめ

ノア

猫のどの部分をとっても可愛いので、全身くまなくさわりたくなってしまいます。

でもそれは彼らにとってはストレスかも。喜んでいるなら問題ありませんが、嫌がるようなら無理にさわるのは良くありません。猫と会話しながらスキンシップを取りましょう!

スポンサーリンク