猫に絶対してはいけない『間違った暑さ対策』3選!ついついやってしまうNG行為とは?

猫に絶対してはいけない『間違った暑さ対策』3選!ついついやってしまうNG行為とは?

暑い時期になりましたね。もちろん猫ちゃんにも暑さ対策は必要ですが、間違った暑さ対策もあるんです!皆さんは間違った暑さ対策をしてはいませんか?一度見直してみましょう。

7217view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. エアコンの効いた部屋に入れっぱなし

エアコンの真下で寛ぐ猫

猫ちゃんは暑さにも弱いですが、寒さにも弱い生き物です。暑いからとエアコンを点けてあげるのは良いですが、寒くなったときに「その部屋からの逃げ場がない」状態は問題です。エアコンを点けるなら、猫ちゃんが寒くなったときに自由に暖かい場所に移動できるように、部屋の入り口は開けておいてあげましょう。

猫ちゃんは自分で体温調節をすることが苦手です。そのため、暖かい場所と涼しい場所を行き来しているんです。人間も熱中症になってしまうので、エアコンを点けること自体はいけないことではありませんが、猫ちゃんの「逃げ場」を作ってあげることが重要です。

2. 冷たすぎる水を飲ませる

目を閉じて水を飲む猫

猫ちゃんも暑いから冷たいものを飲ませてあげたい…と思う飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんね。ですが、実は氷などで冷やした水をあげることは間違っているんです。

暑さ対策として水をたくさん飲ませること自体は良いのですが、冷たすぎる水は猫ちゃんの胃を冷やしてしまうため、常温の水を飲ませる方がいいんです。

あまり水を飲まない猫ちゃんに対しては、水分補給を目的としたおやつや、ウェットフードなどをあげることで解決できます。水分不足は大敵ですので、猫ちゃんの水分補給にも気を遣ってあげましょう。

3. 冷却マットの種類を選ばない

冷たいプレートのベッドで涼む猫

冷却マットなどは、猫ちゃんにとって暑さ対策にとても良いアイテムです。でも、保冷剤は猫ちゃんの体に毒です。間違って口にしてしまうと猫ちゃんの体調に関わりますので、シートをかじったりしてしまう癖のある猫ちゃんには、アルミプレートや大理石のペットマットなどを使ってあげると良いです。

その場合も、直射日光が当たらない位置に置いてあげるといいでしょう。直射日光の当たる場所に置いてしまうと、熱を吸収してしまうため、せっかくの暑さ対策のつもりが逆効果になってしまいます。

まとめ

茣蓙の上で寝る猫と団扇と扇子

これから暑くなってくるので、猫ちゃんにとっても暑さ対策は必要です。ですが、間違った暑さ対策をしてしまうと猫ちゃんに危険を及ぼしてしまいます。

猫ちゃんは体温調節が苦手なので、飼い主さんがこまめに気を遣ってあげる必要があります。涼しい場所と暖かい場所を移動できるように工夫したり、飲み水を見直してみたり、愛猫ちゃんの体調は飼い主さん次第で変わります。

ぜひ、皆さんの愛猫ちゃんを適切な方法で暑さから守ってあげて、快適に過ごさせてあげましょう!

スポンサーリンク