愛猫の「術後服」を手作り★エリザベスカラーよりも着け心地良し!?

愛猫の「術後服」を手作り★エリザベスカラーよりも着け心地良し!?

6か月になった愛猫が避妊手術を終えたばかりなので、傷跡を舐めるのを防ぐために簡単、古着でできる「術後服」を手作りしてみました。エリザベスカラーよりも着け心地良いかもしれません。

956view

古着をリメイクして「術後服」を作ってみました

6か月になった愛猫が避妊手術を終えたばかりなので、着なくなったトップスを使って、猫用の「術後服」を作ってみました。これで愛猫が傷跡を舐めることなく安心できます。伸びる素材のものを使ってあげると、猫ちゃん達も嫌がらずに着てくれます。

術後服を作るための材料

  • 古着トップス
  • ソーイングセット
  • はさみ

術後服の作り方

  1. 今回はタンクトップスを使用、写真のように切ります

    トップスを切った写真

    伸びる素材のトップスを選びました。伸縮性があると猫ちゃんたちも嫌がらずに来てくれると思います。

  2. 裏返し、腕の部分を折ります

    裏返した写真

    次に裏返しましょう。そして、写真のように腕の部分を半分におります。

  3. 更に折り返します

    折った写真写真

    更に写真のように折り返しましょう。この部分が、猫ちゃんたちの首元になります。

  4. 縫います

    縫い目が見える写真

    写真に記してある2カ所を縫っていきましょう。ざっくり縫ってしまって大丈夫です。

  5. ひっくり返し、手と足の部分を切りましょう

    ひっくり返した写真

    ひっくり返し、手と足の部分を切り取りましょう。少しずつ切って、あとから大きさを調整するのがいいと思います。猫ちゃんたちが快適に着られるようにゆったりめに作ってあげてください。タイトすぎるとストレスがたまったり、嫌がる猫ちゃんもいます。

  6. 完成です!

    猫が着用しているもの

    これで完成です!

愛猫に着させてみました♡

伸縮性のある素材なので着心地もよさそうです。これで、傷跡を舐める心配もなくなりました。早く傷口がよくなりますように。

まとめ

思った以上に簡単に作れたので良かったです。着なくなったトップスも新たに猫服として生まれ変われてよかったです。エリザベスカラーよりも着心地がいいかもしれません。愛猫にぴったりなものを作ってあげて、傷跡が治るのを安心しながら見守っていきましょう。

スポンサーリンク