まさかこんな所に?猫が登ることのできる場所4つ

まさかこんな所に?猫が登ることのできる場所4つ

思わぬ高い所から猫に見下ろされて、「そんな所にいつの間に?」と驚いた経験はありませんか?猫は野生時代、高い所で獲物を待ち伏せしたり、ジャンプして飛びかかったりと、跳躍力を武器にしていました。その跳躍力は何と体高の約5倍!そのため、猫にとって家の中にある物なんてお手のもの。軽々と登ることができるのです。それでは、そんな跳躍力抜群の猫が登ることができる場所にはどんな所があるのでしょうか?

473view

1. カーテンレール

カーテンレールに登る猫

「どこを探してもいないと思ったら、カーテンレールの上にいた」なんてことがあるかもしれません。

猫にとってカーテンレールは、部屋全体を見渡せる絶好の見張り台。私たち人間からすると、「まさかそんな所に?」と思ってしまいますが、猫にとっては敵から身を守るための安心できる場所なのです。

2. 網戸

網戸越しの猫

身体が軽い子猫によく見られる光景ですが、爪を器用に使いながら、網戸を登ってしまうこともあります。理由としては、高い所が好きな猫がキャットタワー感覚で登る、外への興味、爪をとぐためなどが考えられます。

網戸に止まっている虫を捕まえようとして登ることも…。好奇心旺盛な猫にとっては絶好の遊び場なのかもしれません。

3. 扉の上

扉の上に登る猫

「高い所が好きなのはわかっているけれど、なぜそんな細い所に?」と驚かされることがあります。その他にも細い所と言えば、薄型テレビの上。上手にバランスをとり、眠ることだってできてしまうのが、猫のすごい所。

猫は、バランス感覚をつかさどる「三半規管」が非常に良く発達しているため、細い場所でも体を安定させることができるのです。人間とは比べ物にならないほどの身体能力の高さを、猫は持ち合わせているのですね。

4. 人の肩の上

肩の上に登る猫

「肩乗り猫」なんて言葉があるほど、人の肩の上に登る猫は多いようです。我が家の猫も小さい頃はそんな時期がありましたが、人懐っこく甘えん坊、活動的な猫に見られる行動のようです。

肩の上で猫はどんな気持ちなのでしょうか?飼い主さんの肩の上は、安心・リラックスできる場所であり、遠くを見渡せる見張り台。といった所でしょうか。飼い主さんを信頼し、心を許しているのは間違いなさそうですね。

まとめ

さくら

いかがでしたか?猫は、「まさかそんな所に?」と人間が驚くような所に登ることができる、優れた跳躍力、バランス感覚を持っています。

そのため、高い所から落ちてもすばやく体勢を戻し、上手に着地をすることができるのです。しかしその身体能力を過信してはいけません。

猫だって時には失敗することも…。ケガに繋がる恐れもあるため、猫が安心、安全に行動できるように、気を配っていただきたいと思います。

スポンサーリンク