飼い主のトイレ中に猫がドアの下から手を入れてくる理由5つ

飼い主のトイレ中に猫がドアの下から手を入れてくる理由5つ

トイレに入っていると、なぜか猫の手がドアの隙間からチラチラ…「ああ、もう落ち着かない!!」そう思う飼い主さんは、多いでしょう。どうしてトイレ中に猫が邪魔して来るのか…その謎に、迫ってみました。

1200view

1.飼い主さんの側にいたい

飼い主の女性に抱っこされている猫

飼い主さんのことが大好きで側にいたいため、ちょっとでも近づきたくてドアの下から手を入れます。「届かにゃい…届かにゃいにゃぁぁぁ!!!」もどかしい思い。

いくらドア下から手を入れたとしても、愛しい飼い主さんには届きません…。さすがの猫もあの細い隙間には入り込めません。窮地に追い込まれた猫はさらに、追及の手を強めます。

そこに救いの手が!飼い主さんが出てきました。大好きな人の顔を見た猫、ホッとしてスリスリしだします。きっとこんなドラマが、繰り広げられているのでしょう。

2.入れてほしい

閉まった扉の前に座っている猫

いつもはドアが閉まっている、トイレ。自分では開けられないことが多いです。飼い主さんがいとも簡単に入るので羨ましいのかもしれません。

「一人で入ってずるい!自分も入れろ!」と訴えるかのように、ドアの下から手を入れてどうにか入り込もうとします。そんな切実な思いが、あの指先には込められているのです。

3.ドアの向こうに何があるか知りたい

少し開いた扉から覗く猫

たまに飼い主さんが入るちょっと小さな空間。そこに何があるのか知りたいと思っている猫は、多いのではないでしょうか。「飼い主さんが入っているんだから、自分も!」と、どさくさに紛れて一緒に入ろうとしているのかもしれません。

時にはトイレを猫に解放しても良いでしょう。普段は見られない景色を楽しんでくれるかもしれません。筆者宅の猫は、トイレの窓から外を眺めるのが大好きです。

4.猫なりに遊んでいる

閉まった扉に手を伸ばす猫

飼い主さんが入って出てこないので、かくれんぼをしていると思っているのかもしれません。猫は隠れている獲物を狩るのが好きです。飼い主さんを捕獲対象と見立てて、狩ろうとしている可能性が考えられます。

猫なりの遊びなのかもしれません。飼い主さんのような大きな獲物を狩るのはなかなか難儀ですが。もし狩りが成功したらさぞ食べ応えがあるだろうなぁ、なんて妄想していたりして。

5.飼い主さんの反応が病み付きになっている

猫の手アップ

以前に、トイレに入っている飼い主さんが遊んでくれたのが嬉しかったのでしょう。病み付きになってしまっているので同じ状況が来るたびに、「遊んで!遊んで!」とせがんでいるのです。

いつも応じることはありません。ますます「飼い主さんがトイレに入る=遊んでもらえる」という図式が強化されていってしまうでしょう。ゆっくり用を足したいのであれば、たとえ猫のものすごく可愛い手がドアの下からチラチラ見えても、無視をするのがオススメです。そのうちきっと諦めてくれるでしょう。

まとめ

木の扉の隙間から手を出す子猫

猫がトイレのドアの下から手を入れる理由は、構ってほしいかトイレの中に入りたいか、どちらかのようです。飼い主さんにとってはホッとする瞬間ですから、なるべく落ち着いて過ごしたいですね。猫にもそのように言い聞かせると、良いでしょう。言うことを聞いてくれる保証は、全くないですが。

スポンサーリンク