猫が何もないところに"パンチ"するのはなぜ?

猫が何もないところに"パンチ"するのはなぜ?

部屋の壁や何もない空間をじっと見つめている猫の姿にビックリしてしまうことはありませんか?実は人間には感じる事ができない何かを猫達は見て聞いているようです。それでは猫の不思議な世界を見てみましょう。

337view

人間には見えていない虫がいる?

パンチを繰り出す猫

飼い主は何も見えない空間に思えても、猫には獲物が見えているのかもしれません。猫の視力は0.1〜0.3とよくないので、20mくらいまでしかよく見えていないようです。その上、近くても猫はゆっくり動いている物に気づくのは難しいのですが、50m先までの距離で速く動く物には鋭い聴覚と動体視力で素晴らしい反応を示します。

小さな虫は勢いよく動くので、猫には存在を五感で感じられるのでしょう。飼い主には小虫を目で確認する事ができずに、猫が何もない空間に猫パンチするように見えるのでしょう。

人間には見えない物が見えている!

上を見上げる猫

人間にはできませんが犬や猫、鳥や虫は紫外線を見る事ができます。五感の次のミステリアスな「シックスセンス」である第六感は、紫外線に関係していると言われています。猫は霊感も強く、猫の行動が虫の知らせのように感じられるのは、人間に見えない紫外線に関わっているようです。

中にはテレビから出ている光ではなく、反射している壁に反応するという猫の様子も見られるそうです。紫外線に向かって猫パンチを繰り出しているならば、人間には怪談に見えてしまうかもしれませんね。

見えている世界が違う

見つめる猫

猫と人間では見えている世界が違うために、人間の認識できないものも猫は存在を確認できているようです。猫は赤色が白黒に見えたり、人間には200°しかない視界を猫は280°持ち、夜行性である猫は暗い場所でも「見る」ことができます。

猫の目にある「タペタム」という機能で、人間に必要な6分の1の光でも見えるそうです。このような視界を持つ猫なら、猫パンチを何もない空間にしていてもおかしくはないですよね。

幻覚で遊ぶ?!

幻覚を見る様子の猫

本当に何も見えていない空間に、猫が幻覚遊びで猫パンチを繰り出すという説もあります。一匹で夜の大運動会を行っているときも、幻覚を見ているのだそうです。

寝ている飼い主の幻想、もしくは美味しそうな想像の食べ物の幻想でしょうか、仲間との遊びの幻想、潜在意識の中の狩りの幻想でしょうか。考えるだけでドキドキしてしまいます。

まとめ

パンチする猫

猫が何もないところに"パンチ"するのはなぜ?についてお伝え致しました。

人の気持ちもしっかりと汲む事のできる猫ですから、このように素晴らしい能力が備わっているのは当然でしょう。動物の感覚の鋭さを人間も尊敬し見習わないといけないですね。

スポンサーリンク