猫はペットショップで売れ残ったらどうなる?

猫はペットショップで売れ残ったらどうなる?

「ペットショップで販売されている猫たちって売れ残ったらどうなるの?」という疑問を持ったことはありませんか?実は売れ残った猫たちの多くは、とても悲惨な環境に送り込まれるケースが多いのです。本記事では売れ残った猫たちの行方について詳しく解説していきます。

102814view

ペットショップで「売れ残り」になってしまう猫もいる

ケージの外を見る子猫

ペットショップに行くと様々な猫たちが販売されています。人気のある品種の猫や、顔が可愛らしい猫、人懐っこい猫はすぐに飼い主さんが決まる傾向にあります。

しかし、その一方で体調が不安定な猫や、人見知りが激しい猫、人気のない品種の猫などは売れ残ってしまうケースも多々あるようです。

ペットショップも商売でやっていますから、若くて買い手のつきやすい子猫を店頭にたくさん置きたいと思っているお店が多く、売れ残ってしまった猫はいつの間にか、いなくなっていることがあるのです。とても悲しいですが、これがペット業界の現状なのです。

「売れ残り」になってしまった猫を待ち受けているのは?

檻の中の猫

それでは、売れ残ってしまった猫たちはペットショップからいなくなった後、一体どこに送られているのでしょうか。

ブリーダーさんの元へ

大抵の場合は、ブリーダーさんの元へ返していることが多いようです。多くのペットショップはブリーダーさんと契約をし、猫や犬といったペットを仕入れています。そのため、売れ残ってしまった猫は仕入先であるブリーダーさんの元に返すのが一般的なのです。

しかし、ブリーダーさんの元に帰ったからといって、幸せな生活が待っているとは限りません。悪質なブリーダーさんの場合、売れ残った子を劣悪な環境に追いやって、適当に飼育をしたり、繁殖用の猫として体がボロボロになるまでこき使ったりすることもあります。

さらに酷いブリーダーさんになると、こっそりと猫を外に捨てたり、「引き取り屋」とよばれる売れ残りの子を引き取る業者げ売り飛ばしてしまうこともあるのです。

引き取り屋の存在

この「引き取り屋」も大きな問題となっています。引き取り屋にもらわれていった猫たちは、狭い檻の中でご飯も十分に与えられず、死ぬまで「ほぼ放置」の状態で過ごすことを余儀なくされます。

動物愛護法により、ペットショップやブリーダーがたくさんのペットを保健所に持ち込むことは禁止されています。

商売として成り立ってしまう現状

しかし、この法律ができたところで「売れ残り」が出てしまう現状は変えられません。そこで、登場してきたのが引き取り屋なのです。「売れ残り」が出て困っているペットショップやブリーダーにとって引き取り屋は「需要のある商売」になってしまいました。

ただし、あまりにも劣悪な環境で猫や犬を飼育していた引き取り屋が、逮捕されている事例も出ています。今後取り締まりがもっと厳しくなり、不幸せな猫たちがいなくなることを願うばかりです。

良心的なペットショップやブリーダーも存在する

抱っこされる猫

売れ残った猫を劣悪な環境で飼育するブリーダーや引き取り屋について紹介しましたが、もちろん中には良心的な考えを持って動いているペットショップやブリーダーさんもいます。

売れ残ったペットの里親探しに力を入れているペットショップもありますし、戻ってきた猫たちをきちんとした環境で育てて可愛がっているブリーダーさんもいるのです。

なので、もし「売れ残った猫を引き取りたい」という思いがある人は、ブリーダーさんに売れ残った猫がいないか聞いてみたり、里親探しをしているペットショップに行ってみることをおすすめします。

まとめ

こちらをみる猫

売れ残りの猫たちが出てしまうのは悲しいことですし、そのような猫たちが悲惨な運命を辿るなんて、とても心が痛いですよね。

もし、これから猫を飼おうと思っている人がいたら、ペットショップの店頭にいる若い子だけを見るのではなく、里親募集をしている売れ残りの猫にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

30代 女性 初雪奏

うちの子も売れ残りちゃんです。「大人の猫を探しているけど一人暮らしが理由で譲渡会に断られる」と友人に話したところ、数週間後に「近所のペットショップで2歳半の子が3万で売られている」と連絡がありました。スコティッシュフォールドとマンチカンという人気猫種のミックスでしたが、柄の出方が綺麗じゃないため(いわゆるサビ猫)売れ残ったのか。ブリーダーが経営しているお店とのことで、「一か月単位で値引きされていく(友人談)」そうです。ちなみに2歳半だったうちのお嬢さんはワクチン代込で3万円という激安価格でした。命に価格をつける、売れ残ったら値引き、というのもイヤな話ですが放置されたり変な団体に売り払われるよりはマシかと。
初日から布団に入ってくる甘えん坊で、朝ご飯を食べた後は膝に乗ってきて喉を鳴らしながら1時間ほどウツラウツラしています。大変だけど幸せ・・・

40代 女性 きなこ

うちの猫は、ペットショップで猫風邪になり、目やにがたくさんでてご飯もあまり食べず痩せっぽっちな4か月になるアメリカンショートヘアのレッドダビー(見た目は普通のキジトラ風)が展示室にも入れられず、1万円で販売されており、見せて貰うと肩に乗ってきて離れなかったので、即購入しました。翌日から、くしゃみと一緒に鼻血が出て、夜間救急に連れて行ったりと大変でしたが、すっかり元気になり、2歳になりました。動物病院の先生も鼻血が出てる時は駄目かと内心思っていたとか、、、。今では、いつも尻尾をピンッとたてて、来客にまでグルグル言って撫でてもらいにいく、人間と牛乳が大好きな猫になりました。

40代 女性 ヒカル

ペットショップは月二回程行きます
ずっと売れない猫がいて、いつも気になっていました、今日行くといなくなってて、店員に聞くと、飼い主が決まったと言われました。愛嬌ある子だったから幸せになってほしいです、うちには1才半の子が2人いるので、向かえられませんでした。

女性 匿名

ペットショップなんかなくなればいいのに。命を売るのは例えどんな動物でも反対です。需要があるから成り立ってしまっているわけで、ペットショップはグッズでも利用しないようにしています。

女性 匿名

先日、近所にOPENした大手ペットショップ…。
展示用ケージに「OPENセール!大特価!」のPOPがベタベタ貼られていて複雑な気持ちになりました。

犬や猫に値段をつけて販売する業者も違法では無いので仕方ないのでしょうね。

ですが、華やかにショーケースで高値で売買される犬猫の裏には、売れ残りの他にも繁殖に失敗たり、棄てられて野良になり殺処分されている犬や猫たちがいることを知ってほしいです。

生き物を売らない「ペットグッズショップ」だけの世の中になりますように…。

50代以上 女性 匿名

ウチの近くのペットショップは本当に愛を持って接してます。
必ず一日何回かはゲージから出して遊んであげてますし売れるまで最後は譲渡で必ず飼い主さんに渡してます。
ペットホテルに置き去りにされたわんちゃんも里親募集で新しい飼い主さんを見つけてました。優しい店主さんです。

30代 女性 りんこ。

私もペットショップの存在には、常々疑問を抱いており、ペット用品専門店にすればいいのにと思っている人間のひとりです。
ペットショップは必要ないと思います。
譲渡の審査が厳しいのはいた仕方ないとも思いますが、今でも保健所には、沢山の動物たちが、殺処分へのカウントダウンをされています。
先ずはそういった子たちを救い出すために、各々何ができるか考えてみてはどうかと思います。

悪質なブリーダーへの処罰も、もっと厳しいものにしてくれることを望みます。
自分なりに色々調べてはみるのですが、日本は動物の命に対し、あまりに安易で無関心のように思えます。

どうか悲惨で孤独な動物たちが、一日でも早くいなくなることを願ってやみません。

スポンサーリンク