猫が『鼻を触られた時』の心理3つ!嫌な気持ちにならないの?

猫が『鼻を触られた時』の心理3つ!嫌な気持ちにならないの?

かわいい愛猫の鼻先をつんと触ったとき、猫が見せてくれるリアクションは様々。中には自ら鼻先を押し当てに来る子もいます。今回は猫が鼻を触られたときの気持ちを紹介します。

1620view

1.挨拶

鼻で挨拶しようとする猫

猫にとって鼻を当てる行為は挨拶の意味合いを含みます。重要な情報源を分析する鼻先を当てることで相手の状態を把握しつつ、敵意がないことを示しています。

飼い主さんが猫の鼻を触ろうとして避けない場合はおはよう、こんにちは、おかえりなど挨拶をしてくれているのかもしれません。

2.情報確認

鼻を当てる猫

匂いで相手の状態や危険性などを分析することが多い猫にとって、鼻は重要な器官。猫の鼻を触ったとき、この人はどんな人だろうと匂いに含まれる情報を確認しようとクンクンすることがあります。

また、猫の鼻は匂い以外にも人間では感知できないフェロモンを分析することも可能です。外出先から帰宅した飼い主さんに鼻先を押し当てに来るのは、自分のフェロモンが薄れていないかチェックしているのです。

3.愛情表現

2匹の子猫

猫にとって鼻を当てる行為は挨拶でもあり、愛情表現でもあります。自分に敵意がないことを示したうえで相手とコミュニケーションを図ろうとします。鼻先に触ったとき、猫側も鼻を押し当てに来てくれるときは愛情を表現してくれているのかもしれません。

避けられたら嫌がっている

そっぽ向く猫

猫の鼻を触ろうとしたとき、嫌がる素振りを見せたら無理に触れるのは避けましょう。猫の鼻は匂いを分析するために大切な器官。挨拶や愛情表現の気分でないときは触られることを嫌がります。

しつこく触ろうとすると猫のストレスになってしまう他、飼い主さんが猫から嫌われる要因にもなるため無理は禁物です。また、飼い主さんの手に香水やタバコなど猫が嫌う匂いの物質が付着している場合も猫が臭いと感じて嫌がります。

いずれにせよ、猫の鼻に触れる前後は必ず手洗いをしておきましょう。

まとめ

鼻をあてる猫

猫の鼻は人間以上の嗅覚を有しているだけでなく、フェロモンを分析する機能や温度を測定する役割も備わっています。それだけ高性能な機能を有しているためコミュニケーションで用いられることも少なくありません。

その一方で、非常にデリケートな器官でもあります。猫の鼻に触るときは丁寧な接触を心掛け、少しでも猫が嫌がる素振りを見せたら無理せず中断してあげましょう。

スポンサーリンク