猫が大好き『お尻トントン』のコツって?3つのポイントと注意点

猫が大好き『お尻トントン』のコツって?3つのポイントと注意点

愛猫とのコミュニケーション方法に、飼い主さんが猫のお尻を軽くタッチする「お尻トントン」があります。猫と上手にスキンシップをとれれば信頼関係を高めることができますし、リラックスした表情の猫を見れば癒し効果も絶大です。喜ばれる「お尻トントン」のコツや、気をつけたい注意点を知り、愛猫との仲をより深めていきましょう。

2348view

猫のお尻トントンのコツは?

お尻を撫でられる猫

今回は、猫に「お尻トントン」をしてあげる際のコツをご紹介します。なかなか上手にできない…という方はぜひ参考になさってみてください。

1.猫がお尻をあげたらトントン

「お尻トントン」をするタイミングは、基本的に猫が飼い主さんの前でお尻を高くあげている時に行うと喜ばれることが多いです。

猫がお尻を高くするのは、挨拶の意味や親愛の気持ちを表している時。そのタイミングでトントンしてあげることで、スムーズなスキンシップがとれるでしょう。

猫は人の言葉を話すことはできませんが、体の動きや行動で自分の感情をアピールしています。もし愛猫がお尻をあげて近づいてきたら、そのときの要望や期待の内容を上手に察して応えてあげたいですね。

2.尻尾の付け根をトントン

猫の尻尾の付け根あたりには、生殖器に繋がる神経やフェロモンを出す分泌腺があります。とくに、発情期を経験したことのあるメス猫が「お尻トントン」に反応しやすく、撫でられたがる猫は多いです。

メス猫に限らず、スキンシップが好きな猫の場合も、ご機嫌なときを狙ってお尻トントンをすると喜びますよ。

3.優しいタッチでトントン

猫のお尻トントンは、飼い主さんの手の平や指の腹で優しくタッチするようにトントンしてあげましょう。

ウットリした表情を見せ、床で寝っ転がったり繰り返し催促をしたりと反応は猫によっても様々です。尻尾をピンっと立て、飼い主さんに尻尾でタッチや体をすり寄せたりして気持ち良さそうにしていたら、猫の様子を見ながら続けてあげましょう。

猫のお尻をトントンする時の注意点

歩く猫

猫のお尻や尻尾付近はたくさん神経が集まっているデリケートな部位です。軽く優しくタッチしてあげれば程よい刺激で猫がリラックスしますが、逆に強く触ると痛みを感じて不快な思いをしてしまうでしょう。

  • お尻まわりは強く触れない
  • 必要以上にお尻をトントンしない

猫とのスキンシップは「しつこく触ったりしないこと」がとても大切です。さっきまではスキンシップを取りたがっていたのに、気分がコロッと変わって別の場所へ行ってしまったというような事もありますよね。

お尻トントンがしつこいと噛みつく素振りを見せる猫もいるため嫌がったり、猫が飼い主さんから離れたらすぐにやめるのが鉄則です。

まとめ

お尻トントンされる猫

猫が大好きな「お尻トントン」は、基本的に猫がお尻を高くあげている時がスキンシップのチャンスです。タイミングや猫の喜ぶポイントを抑えながらトントンしてあげれば絆が深まり信頼関係も向上するでしょう。

多くの猫がお尻トントンが好きな一方で、発情期の経験がない猫や警戒心が強く、あまり人とスキンシップを取りたがらない猫の場合は嫌がってしまうこともあります。

猫も性格や好みは違うので、それぞれの猫に合わせたコミュニケーションをとることが大切です。

スポンサーリンク