猫が『飼い主限定』でする仕草・行動4選♪なぜ飼い主以外にはしないの?

猫が『飼い主限定』でする仕草・行動4選♪なぜ飼い主以外にはしないの?

普段そっけない態度が目立つ猫。警戒心が強いため簡単に心は開きません。しかし、実は猫には飼い主さんにだけ見せる仕草や行動があります。みなさんの愛猫もこっそりしているかもしれません。

1881view

1.スリスリ

すりすり猫

猫が飼い主さんの体に自分の頭をスリスリと擦り付けているのは、親愛のサインです。自分の頬から分泌されるフェロモンを飼い主さんに付けることで、自分のものアピールしています。帰宅してきたときに、猫が近寄ってきたら思う存分スリスリさせてあげましょう。

2.ヘソ天

ヘソ天猫

猫にとってお腹は弱点の内臓が近い部分。本来は隠していたいところです。そんなお腹を無防備に見せつけてくるヘソ天も飼い主さんだけに見せる行動。飼い主さんには、お腹を見せても大丈夫という信頼あってこその仕草です。

とはいえ、触ってもいい訳ではないため、ヘソ天してくれたとしても無闇にお腹を撫でまわさず目で見て愛でるだけにされることをおすすめします。

3.添い寝

添い寝猫

猫が飼い主さんのそばで寝てくれるのも親愛のサイン。飼い主さんのそばであれば無防備に寝ても安全だと猫が判断している証拠です。もふもふな猫ちゃんがそばで一緒に眠ってくれるだけで幸せな気持ちになれます。

ただし、猫と添い寝していると、うっかり寝返りで押しつぶしそうになりがちです。安心して眠っている猫の眠りを妨げないように注意してあげましょう。

4.ふみふみ

ふみふみしている猫

ふみふみは元々、子猫が母猫の乳を絞り出すための仕草です。猫の中には大人猫になっても子猫気分が抜けきれず、ふみふみ行為を続ける子もいます。毛布やクッションなどにすることが多いですが、甘えん坊な猫ちゃんだと飼い主さんにふみふみすることもあります。

飼い主さんのことを母猫のような存在だと思ってくれている証拠です。思う存分、ふみふみされてあげてください。

まとめ

甘える猫

猫は警戒心が強いため、面識がない人間にはなかなか心を許しません。しかし、一緒に過ごす時間が長い飼い主さんのことは信頼し、親愛の意味を込めた行動を見せてくれることもあります。みなさんの愛猫たちも今回紹介した仕草をしていないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク