猫がハマる『0円おもちゃ』4選♪使える「家庭にあるモノ」とは?

猫がハマる『0円おもちゃ』4選♪使える「家庭にあるモノ」とは?

猫は意外と、飼い主さんがお金をかけてプレゼントしたおもちゃよりも、家庭にある紐や袋などで遊ぶほうが楽しそうにしていたりするものですよね。愛猫のおもちゃ選びに悩んだ時は、家庭にあるモノをおもちゃにするのもおすすめです。猫を喜ばせる『0円おもちゃ』をご紹介するので、新しいおもちゃとしてぜひお試しください!

1593view

愛猫のおもちゃ選びに悩んだ時は『0円おもちゃ』がおすすめ♪

猫の手とおもちゃ

猫は毎日おもちゃで遊ぶことで、狩猟本能を満たすとともに運動不足を解消しています。おもちゃは、猫の健康的で豊かな生活に欠かせないアイテムということですね。しかし猫はおもちゃの好き嫌いがあって、気に入らないおもちゃでは一切遊んでくれない場合もあるのが悩みどころです。また最初は遊んでくれても、すぐに飽きてしまうということも。

愛猫に新しいおもちゃをプレゼントしたくても、「せっかくお金を出して買っても喜んでもらえなかったらどうしよう…」という考えが頭をよぎると、飼い主さんはわくわくした気持ちでおもちゃを選べなくなってしまいますよね。そこでおすすめしたいのが、家庭にあるモノを利用した『0円おもちゃです』!

お金をかけずにお家で調達したおもちゃなら、万が一愛猫のお気に召さなかった場合でもそれほど残念な気持ちにならずに済むでしょう。ご家庭にあるもので猫のおもちゃ代わりになるモノ、または材料を組み合わせて簡単に作れる『0円おもちゃ』をご紹介します♪

家庭にあるモノを活用!猫の『0円おもちゃ』

紙袋に入って遊ぶ猫

1.手作りボール

チラシやアルミホイルをぎゅっと丸めるだけで、猫が転がして遊べるボールが作れます。とても簡単に作れるおもちゃですが、カシャカシャという音が鳴ったり独特の感触がしたりすることが楽しいのか、気に入ってくれる猫が多いようです。

ただし小さいサイズに丸めたボールは猫が誤飲しやすく、大きめに作ったボールも遊んでいるうちにチラシやアルミホイルが破れて口に入ってしまう危険性があるので注意してくださいね。

2.紙袋

紙袋の中に入ることを好む猫は多いので、紙袋をその辺に置いておくだけで猫のおもちゃ代わりになります。猫は紙の擦れるガサガサという音を聞きながら楽しく遊べますし、狭い紙袋の中に入るとリラックスして過ごせるのです。

ビニール袋をおもちゃにして遊ぶ猫も多いのですが、体に絡まって窒息したりビニールを食べてしまったりする危険性が高いので、愛猫のおもちゃ代わりにするのはおすすめできません。紙袋はビニール袋よりも窒息のリスクが低く、持ち手の部分を切っておけばさらに安全に遊べるでしょう。

3.段ボールハウス

紙袋と同じく、段ボールも置いておくだけで猫が中に入って遊べます。お昼寝スポットとして気に入ってくれる可能性も期待できるでしょう。

段ボールはそのまま置くだけでもよいですが、穴を開けて窓を作ったり、積み重ねて高さのあるハウスにしたり、つなげてトンネルを作ったりと手を加えるとますます喜んでもらえるかもしれませんよ♪愛猫のためにDIYをする過程も含めて、飼い主さんもぜひ楽しんでくださいね。

4.手作り猫じゃらし

ストローの先に毛糸を垂らすと、手作り猫じゃらしができあがります。猫は紐が好きですし、毛糸の先にネズミのおもちゃやビニールなど猫の興味をそそるものを付けることで、捕まえようと追いかけて楽しく遊びながら運動できるでしょう。

手芸が得意な飼い主さんは、手作りの編みぐるみやマスコット人形などを毛糸の先に付けると、クオリティが高く可愛らしいおもちゃになりますよ。

まとめ

段ボールに入る猫

猫のおもちゃは壊れたら買い替えなくてはならない消耗品です。家庭にあるモノでお金をかけずに、猫が喜ぶものを用意できると嬉しいですよね。愛猫の好みに合わせてアレンジを加えるのもおすすめなので、飼い主さんも手作りする過程や愛猫と一緒に遊ぶひと時を楽しんで絆を深めてくださいね♪

ただしご紹介した『0円おもちゃ』は市販の猫用おもちゃよりも壊れやすいので、猫が怪我をしたり誤飲したりするリスクもある点に注意が必要です。安全のために、必ず飼い主さんがそばにいる時にだけ遊んでもらって、お留守番中など目を離している時には片付けておくようにしましょう。

スポンサーリンク