猫が『飼い主の枕』を独占しちゃう理由3つ♪

猫が『飼い主の枕』を独占しちゃう理由3つ♪

愛猫に枕を占領されると、嬉しさのあまり起こさないように行動してしまいますよね。一体、猫たちはどのような気持ちで枕に寄ってくるのでしょうか? その理由を考えてみたいと思います。

497view

1.寝心地が良いニャン!

誰もいない枕で眠る猫

頭を人間用の枕に乗せると、猫も気持ちが良いのでしょう。

猫が寝ている姿を見ると、少し高いところに頭を乗せていることが多いのではないでしょうか。猫も、人間と同じように頭を支えながら日々歩いたり座ったりして暮らしていることが理由で、支える場所を求めています。

適度に高さがあり人間に使われて程よい弾力性のある枕は、猫にとっても気持ちが良いのでしょう。そして、フワフワとした柔らかい触感、身体まで預けられるような大きさも寝心地の良い要因です。

2.大好きな人間の匂いがするニャ!

枕で眠る猫

枕は、髪の毛や息など人間の香りを存分に嗅ぎながら眠ることができる場所です。好きな人の匂いは、どのような物でも嗅ぎたいと感じているようです。

頭皮の香り、トイレの排泄物、脱いだ洋服、汗をかいている布団など、こちらが焦って困惑してしまう物ばかりに鼻を近づけますが、これらの匂いは猫にとっては幸せな香りのようです。

同じように、枕も猫にとって幸せな香りなのでしょう。

3.甘えたいニャ〜

枕で眠る猫と少女

顔の側で寝る猫は、甘えたいという気持ちも強いようです。

枕で寝ていれば、人間の意識は当然自分に注がれます。そして、自分が寝ている間に人間が動いてもすぐに気がつきます。

一緒に行動をしたいと考えているため、顔の近くの枕を陣取ることも多いようです。

枕以外に寝るものは?

パソコンをする女性の膝上で寝る猫

猫は、枕以外にも頭を乗せて寝ることが多いです。

猫自身の手、パソコンを打っている人間の手、同居の動物の身体、積み上げた本、洗濯物の上など少し高い位置にある物に頭を乗せています。

その他、人間が見ている新聞や本の上など、高さがなくても注目を浴びることができる構ってほしい場所を占領します。

まとめ

枕を独占する猫

猫が『飼い主の枕』を独占しちゃう理由3つ♪についてお伝えいたしました。

猫が枕を占領する気持ち、本当に可愛いですよね。猫は、人の気持ちをちゃんと分かっていますので無理はしてきません。猫がワガママを言っていると感じる場合は、私たち人間に受け入れる体勢があるという証なのだそうです。

猫が自由に、好き勝手を言ってくれる間は猫が幸せということなのですね!

スポンサーリンク