猫が『目をそらす』には理由がある?4つの理由と目を合わせてはいけないワケ

猫が『目をそらす』には理由がある?4つの理由と目を合わせてはいけないワケ

猫と目があったけれど、フイっとそらされてしまった…。少しショックな状況ではありますが、落ち込む必要はないかもしれません。なぜ猫はあからさまに視線を外すのか、その理由をまとめてみました。

450view

1.敵意がないと伝えるため

上を向く猫

猫が目をそらすのは、基本的に「敵意はありません」と相手に伝えるためです。人間界では、目を合わせて挨拶をするのは礼儀がよいとされますが、猫界は逆です。

特に初対面の相手と目を合わせるのは、「ケンカを売っている」ととられてしまいます。不必要な戦いをしたくなければ、目は合わせないのが常識です。

成猫同士がすれ違うときは、ほとんどの場合、お互いに知らん顔をして通り過ぎるでしょう。子猫と成猫だと、成猫の方が目をそらすそうです。

2.反省しているから

目をそらす猫

飼い主さんが猫を叱ったとき、プイッと目をそらすことはありませんか?これは反抗しているのではなく、実は反省している態度なのだとか。「ごめんなさい」と言っているのです。

ですから、もし叱ったときに目をそらしたら、それ以上は叱らないであげてください。きっと猫も、悪いことをしたというのは分かっているはずです。

3.降参の合図

降参する猫

猫が自分よりも強い相手と対峙し、叶わないと思ったときは降参の合図として、目をそらす場合があります。「参りました」と伝えているのでしょう。

ケンカの前はお互いに目をバッチリ合わせて睨み合っていたのに、いざケンカが始まると、どちらか一方が目をそらすという状況です。降参した相手に対しては、勝利した猫は攻撃を加えることはないでしょう。

4.安心しているから

横を向く猫

信頼している飼い主さんなどに対して、安心できる相手だからこそ、目をそらすことも。警戒しているときは何か危険はないかと、その対象を注視します。そんなときの猫は、一瞬たりとも視線を外すことはないでしょう。

ですが、安心できる相手なら警戒する必要がなく、従って注視する必要もないのです。飼い主さんの方を見たにも関わらず、フイっと目をそらすのは、猫が安心しているからなのでしょう。

なぜ猫と目を合わせてはいけないのか?

子猫と子供

猫と目を合わせてはいけない理由は、「ケンカを売ってしまう」からです。目をじっと合わせると、ケンカを売っていると思われてしまいます。

まだ信頼関係のできていない猫と戦うつもりがないなら、目を合わせてはいけません。なるべく目を見ないようにして、コミュニケーションをとりましょう。

もしもう信頼されている、という場合は、多少合わせても問題はありません。むしろ、要求があるときは猫の方から目を見てきます。そんなときは優しく、対応してあげてください。

まとめ

くむちゃん

猫界の常識は、人間界のそれとは違う場合が多々あります。人同士のコミュニケーションと同じように接していると猫に嫌がられてしまうことがあるため、注意が必要です。

スポンサーリンク