猫はお家に『1匹だけ』だと寂しいの?気になるメリット・デメリット3つ

猫はお家に『1匹だけ』だと寂しいの?気になるメリット・デメリット3つ

家猫の暮らしについて「1匹だと寂しいかな?」と思う人が多いようです。しかし、猫の本質は単独行動を好むもの。1匹で飼うことのメリットとデメリットを整理して、単独飼育と多頭飼育について、考えてみましょう。

2517view

1.マイペースに生活できる

ソファで伸びをする猫

猫は本来、単独行動を好む動物です。よって、「1匹だけだと寂しいの?」という疑問についての答えは「NO!」。猫は縄張り意識も持ち合わせていますし、基本的には猫同士のコミュニケーションも必要ありません。

また、食事やトイレも、すべて自分自身のためのものなので、1匹だけでの生活はストレスが少ないのも事実。複数の猫で1つのトイレを共有していると、排泄を不快に感じる猫もいますからね。

猫にとって、自分しかいない空間はかえって気楽です。他の猫がいると多少のストレスがかかりますし、1匹ならむしろ自分のペースで生活できますよ。

2.相性の良し悪しに左右されることがない

ソファの上でケンカする猫

多頭飼いの場合、一緒に遊べたり、寄り添ってあたためあったり、猫同士の相性が良ければ利点もたくさんあります。しかし、相性が悪い場合は最悪。同じ空間にいるだけで緊張しますし、ケンカもするなど、猫にとってストレスでしかありません。

また、猫同士が舐め合う行為である「アローグルーミング」は、猫同士の信頼関係が必要です。これは愛情表現でもあり、お互いの届かないところを舐め、補い合うというもの。しかし相性が悪ければやることはないでしょうし、このアローグルーミングは飼い主さんがブラッシングで補うこともできます。

このように、多頭飼いのデメリットだけに着目することで、1匹で飼うメリットが見えてきます。ただし、それまで多頭飼いで仲良くしていた猫が1匹になってしまうと不安になってしまうこともあるので、その場合は注意が必要です。

3.運動不足になりがち

猫じゃらしを見る猫

猫を1匹だけで飼う場合のデメリットを挙げるとすれば、運動不足になりがちという点です。

飼い主さんに、おもちゃを使って猫を遊ばせてあげる時間が日常的にあるのであれば猫の運動不足の心配はありません。強いてあげるとすれば、ワンパターンにならないように遊ばせる際の工夫が必要です。対人間の場合、刺激が少なくて猫が退屈してしまうこともあるからです。

つまり、猫を1匹で飼う場合、猫の狩猟本能を上手に満たして適度な運動ができるように調整するのは、飼い主さん次第というわけですね。

なお、多頭飼いの場合は、猫同士の相性に問題がなければ、ジャレあったり、追いかけっこをしたりなど、1匹だけではできない遊びを通じて運動不足が解消されるメリットがあります。

まとめ

テレビのリモコンの側でふんぞりかえる猫

猫を1匹だけで飼うメリットは、思った以上に多いものです。他の猫がいないため、食事や水分摂取の状況も確認しやすく、排泄のチェックなど健康管理もスムーズにできます。

また、猫も1匹で飼われている場合には飼い主さんと親密な距離感になりやすく、甘えん坊になるという説もあります。

ただし、あまりにも飼い主さんに依存するあまり、「分離不安症」になってしまうこともあるので、猫を1匹で飼うときは、メリットとデメリットをきちんと把握してから生活をはじめてくださいね。

スポンサーリンク