『興奮中の猫』に絶対してはいけない5つの行為!飼い主の正しい対応方法とは

『興奮中の猫』に絶対してはいけない5つの行為!飼い主の正しい対応方法とは

愛猫が突然、狂ったように興奮しはじめたら、どうしますか?逃げ惑うか向かっていくか判断に悩むところですが、猫が興奮しているとき、絶対的にNGな行動があります。それらを解説すると共に、飼い主さんがとるべき対処法を、お伝えいたします。

1594view

1.撫でようとする

手

愛猫が興奮していると、なだめようと思わず撫でようとしてしまうかもしれません。これは、結構危険な行為です。興奮中の猫は訳が分からず、その差し出された飼い主さんの手を、攻撃してしまう可能性があります。

そうなると、大ケガに繋がってしまうかもしれません。愛猫が興奮していたら手は出さずに、落ち着くまで見守るのがベストです。ある程度時間が経てば興奮が治まって、いつもの猫に戻る場合がほとんどだからです。

下手になだめようと撫でるのではなく、そっと見守ってあげてください。

2.近づく

こちらを見る猫

興奮中に近づく行為は、余計に猫をヒートアップさせてしまう可能性が。猫は近づいてくる存在に警戒心を抱くため、下手をすると飼い主さんが痛い思いをするかもしれません。

猫が興奮しているときは近づくのではなく、逆に遠ざかる方がよいようです。刺激しないように適度な距離をとり、落ち着くまでそっとしておきましょう。

3.大声を出す

叫ぶ女性

愛猫が興奮すると、ついつい大声を出して牽制しようとしてしまうかもしれません。ですがこれは、逆効果になる場合が多いです。大きな声が刺激となり、更に興奮させてしまう危険性があります。

猫の興奮中は我を忘れている場合があるため、飼い主さんの声が届かないことが。そのため、せっかくの声かけも無駄になってしまうかもしれません。

猫が興奮するのにはさまざまな理由がありますが、中には病気が原因となっているケースがあります。いつもと何か様子が違うと感じたら、早めに動物病院で診察してもらうとよいでしょう。

4.体罰

パンチ

愛猫の興奮を止めさせようと、体罰をするのは厳禁です。逆効果になるばかりか、飼い主さんへの不信感を抱かせてしまう可能性が。体罰ではなく、興奮時に別のものに興味を移せるよう、普段からしつけておくという方法があります。

愛猫が大好きなおやつを使い、簡単な芸を覚えさせるのです。たとえば、「お手」や「ハウス」など。「そんな犬みたいなことが、猫にできるの?」と思うかもしれませんが、根気よく教えれば、猫でも可能です。

いざ興奮してしまったとき、さっと頭を切り替えられるように訓練しておけば、おやつを見せるだけで落ち着く可能性が高まります。

5.見守れないときの放置

ケージの中の猫

猫が興奮すると我を忘れ、危険への意識が薄くなってしまいます。そのため、飼い主さんだけでなく猫自身も危ない目にあうかもしれません。

飼い主さんが側で見守れないけれど、興奮する可能性があるときは、ケージに入れるなどして、安全を確保してあげましょう。ケージ内にはトイレや飲み水を用意しておきます。落ち着けるベッドがあれば、なおよいでしょう。

まとめ

荒ぶる猫

猫の突然の興奮に、戸惑ってしまう飼い主さんは少なくないでしょう。筆者ももし急に愛猫が暴れ出したら、たぶんパニクってしまいます。ですが、猫とご自身の安全のためには、落ち着いて行動する必要があるのです。

そのためには、愛猫が興奮したときのシミュレーションをし、対処法を覚えておくことが大切です。この記事がその一助になれば、幸いです。

スポンサーリンク