猫が好む『畳』の魅力4つ!爪とぎをされてしまうときはどうしたらいいの?

猫が好む『畳』の魅力4つ!爪とぎをされてしまうときはどうしたらいいの?

畳には、なぜか猫を惹きつける魅力があるようです。どのような点が、気に入るのでしょうか?飼い主さんが困るのが、畳に惹きつけられた猫が爪を研いでしまう点。どうしたら、ボロボロにされずに済むのでしょうか。

351view

1.快適な気温

気持ち良さそうな猫

畳は、熱を伝えにくい「断熱性」と「保温性」に優れており、一年を通して快適な気温を保ってくれます。表面のイ草や、畳床のワラの内部がスポンジ状になっており、そこに空気が含まれています。その空気が夏は暑さを遮り、冬は寒さを遮ってくれるのです。

猫は、自分が心地良く過ごせる場所を見つけるのが得意。畳の部屋は快適な気温に保たれていることを知っており、好むのだと考えられます。筆者宅の猫たちも、特に夏は、良く和室で過ごしています。

2.匂いが好き

面白いポーズの猫

畳の匂いは、猫を惹きつける魅力があるようです。肉食動物の猫ですが、意外にも草を好む傾向があります。猫草に引き寄せられる猫の姿は、珍しくありません。

やはり、自然の匂いは、落ち着くのでしょう。嗅ぐことで、リラックスしているのかもしれません。猫が畳に鼻を近づけていたら、良い匂いだと感じている可能性が考えられます。

3.程良い柔らかさ

横たわる猫

固すぎず、柔らかすぎない程良さが、好きだともいわれています。猫はふかふかのベッドを好みますが、あまりに柔らかすぎると動きづらいため、適度な固さがあった方が良いとか。その点、畳はバッチリなのでしょう。

歩いたり走ったりしやすいのはもちろん、ベッドとしても快適に使えます。適度なクッション性が、快適だと感じるのでしょう。

4.爪とぎの感触が良い

爪を出した猫の足

猫にとって畳は、研ぎ心地の良い爪とぎになる場合があります。飼い主さんにとっては悪夢のようですが、当の猫には天国のようです。バリバリと気持ち良く、爪をシャープにできてしまうのです。

引っ掛かり具合がちょうど良いのかもしれません。一度ハマると、もう他の爪とぎは使ってくれないかも…?「愛猫が喜ぶのは嬉しいけれど、畳がバリバリになるのは困る!」という飼い主さんのため、次項で爪とぎ予防策をお伝えします。

爪とぎ防止策は?

キョトン顔の猫

猫が畳で爪を研がないようにするには、上に敷物を敷くのが一番簡単です。夏であれば籐を使ったものを。冬なら普通のカーペットで十分でしょう。

畳の上に敷いてしまえば、爪とぎによるキズは付きません。代わりに、畳素材の爪とぎ器を置いてあげると、喜んで使ってくれるかもしれません。

まとめ

畳の上で寝る猫

畳と猫は決して相性の悪くないコンビだと思われますが、最悪な組み合わせになってしまうときがあります。それが「猫が畳で爪を研いでしまう」とき。猫の爪とぎは生理現象なので、止めさせることはできません。

であるなら、猫も飼い主さんもストレスを感じないように、対策をしていきましょう。歩み寄れば必ず、解決策が、見つかるはずです。

スポンサーリンク