猫に『ごめんね』が伝わる4つの方法

猫に『ごめんね』が伝わる4つの方法

猫と暮らしていると意図せず猫を怒らせたり、怖がらせたりしてしまう経験があります。人によっては、ついカっとなったときの行動が仇となる場合もあります。今回は言葉が通じない猫に謝る方法を紹介します。

2488view

1.行動を改める

猫と飼い主

猫に対して謝罪の気持ちがあるなら、一度自分の行動を見直し・改めましょう。見直すべき行動としては、大きな音や怒鳴り声を出して猫を怖がらせる、猫が嫌がるスキンシップを繰り返す、不適切なお世話などが挙げられます。

ただし、一度行動を改めたからといって、すぐ猫に謝罪の気持ちが届くとは限りません。行動を反省し改善を重ね続けていくことが重要となります。

2.猫について学ぶ

猫と本を読む飼い主

猫に謝罪したいと思っている出来事を繰り返さないために、猫について詳しく学ぶことは大切な行動です。猫について学ぶことで、日頃猫が見せるサインの意味を学べる他、正しいお世話の仕方や室内の危険要素についても理解を深められます。

猫について正しい知識を学びたいのであれば、本で学ばれることをオススメします。ネットの情報でも知識は深められます。ただし、情報が限定的で、やや信頼性が劣る情報源も混じっています。書籍の情報は根拠に基づいて発信されているため、正しい知識を得やすい利点があります。

3.猫の気持ちを尊重する

猫と飼い主

猫に申し訳ないと感じたのであれば、猫の気持ちをできるだけ尊重するよう心掛けましょう。猫がひとりでくつろいでいるときは、そっとしておいてほしいと感じていることが多いです。一方で飼い主さんに甘えてくるときは、撫でてほしい・遊んでほしいサインです。そのときの猫の気持ちによって適切なスキンシップをとりましょう。

ただし、猫の気持ちを尊重することは、ワガママをすべて聞くという訳ではありません。必要以上にご飯を食べたい、外に遊びに行きたいなどの要望に従うのは猫にとって好ましくないです。猫の健康を第一に考えることも飼い主さんの義務となります。

4.言葉で伝える

猫と向かい合う飼い主

猫への謝罪の気持ちを言葉で伝えることも大切です。もちろん、猫は人間の言葉の意味を理解できないため言葉だけでは謝罪の気持ちは伝わりません。しかし、謝罪の気持ちや反省を自分自身で確認する意味において、ごめんねを言葉で伝えることには十分意義があります。

言葉で謝罪を伝え、行動に反映させ続けることで猫も飼い主さんを許し始めてくれるかもしれません。

まとめ

猫を抱く飼い主

人間と猫では言葉によるコミュニケーションができないため、謝罪の気持ちを伝えるのも簡単ではありません。だからこそ、猫と人は違う生き物と認識すること、猫に合わせた対応が重要となります。猫に謝りたいことがあるという飼い主さんは、ごめんねと伝えることから始め行動で謝罪の気持ちを伝え続けてみてください。

スポンサーリンク