猫が『身代わり』に…?2つの不思議なエピソードをご紹介

猫が『身代わり』に…?2つの不思議なエピソードをご紹介

昔から「猫は飼い主さんに取り巻く不幸を持ち去る」という話があり、実際に出来事の重なり方やタイミングなどから猫の行動に驚かされた経験を持つ方は少なくありません。まるで猫が飼い主さんや家族の身代わりとなってくれたかのような不思議なエピソードをご紹介します。

1085view

1.飼い主さんの病気を背負っていった猫

猫と飼い主

ある日、猫を可愛がっていた飼い主さんの体に「癌」が見つかり、入院をして手術を受けることになりました。病気はすでに別の箇所にも転移しており、長い闘病生活を強いられてしまったそうです。

そんな飼い主さんに不幸は度重なり、元気だった飼い猫が突然体調を崩し始めたのです。丁度、飼い主さんの闘病生活が始まった直後からでした。

惜しくも猫は飼い主さんの闘病中に会えることなく、亡くなってしまいました。しかしその後、周囲が驚くほど驚異的なスピードで飼い主さんは回復し、元の生活に戻れるまでになったそうです。

飼い主さんが重い病気に苦しんでいるのを知った猫が、まるで自分の命と引き換えに飼い主さんの病気を背負って助けてくれたのではないか、と感じてしまうお話です。

2.飼い主さんに起こった交通事故の身代わりに…?

車と猫

車で出かけていた日のこと、目の前で大きな車の事故に遭遇し、巻き込まれてしまった猫の飼い主さんがいました。

その飼い主さんは大きな怪我をして入院しましたが奇跡的に命は取り留め、その後は驚くほどあっという間に回復したといいます。

しかし、元気になった飼い主さんが自宅に戻ると、いつも元気だった飼い猫が突然亡くなってしまっていたことを家族から聞きます。しかも猫が亡くなったその日は、飼い主さんが事故にあったのと全く同じ日だったそうです。

飼い主さんが命を落してもおかしくないような状態だったのと同じ日に、それまで全く病気をしていなかった猫が突然死してしまったことがとても不思議なエピソードです。

奇跡的に大事故から助かった飼い主さんからすると、猫が身代わりになってくれたとしか思えませんよね。

猫は人の悲しみを理解できている?

悲しそうな女性によりそう猫

猫と暮らしていると、人の感情がわかっているようだと思うことが度々あります。

例えば、テレビを見ていて感動するシーンに感極まって涙を流した時には、はしゃいで走り回っていた愛猫がピタッと止まり、「どうしたの?」と言わんばかりにゆっくり近づいて見つめてきます。また、飼い主に元気がない時は、いつもよりも落ち着いた様子で傍に寄り添ってくれたりするのです。

犬のような「忠誠心」は猫にはありませんし、気ままに生きているようにも見えがちですが、いざという時には周囲の変化にいち早く気付き、その時に自分のできることを一生懸命やろうとしてくれるような愛情あふれる一面も持っています。

まとめ

寄り添う飼い主と猫

「猫が身代わりになってくれたのではないか?」と思ってしまう不思議なケースはたくさんあります。まわりから聞いたり、同じような経験をされたりした方も多いでしょう。

実際、大切な愛猫との日々を一日でも長く送れることが飼い主さんの幸せですから、猫が「自分の身代わりになってくれた」という風に考えてしまうとそれ以上の悲しみはないかもしれません。

しかし、いつも愛猫を守ってきた飼い主さんだったからこそ、猫も精一杯の表現方法で気持ちを伝えようとしたのかもしれません。愛猫が悪い運気を持っていってくれたことに対して感謝の気持ちを忘れずに、きちんと供養をしてあげることでお互いの幸せに繋がっていくはずです。

神秘的で謎めいているのも猫の魅力。本当のところは分からない部分もありますが、「人を癒す力」が証明されているように、猫は飼い主さんや家族が抱える苦しみを払拭させる不思議なパワーを秘めているのかもしれませんね。

スポンサーリンク