猫が『絶対触って欲しくない部位』4選!知っておくべきダメな理由

猫が『絶対触って欲しくない部位』4選!知っておくべきダメな理由

モフモフの毛がとてもカワイイ猫。ついなでまわしたくなるものですが、猫には苦手な部位があるのをご存じですか? ここでは猫が触られるのを嫌がる基本の部位と、その理由をご紹介します。

4483view

1.お腹

革のソファで仰向けになる猫

猫は安心できる環境でしかお腹を見せない動物です。なぜなら、猫のお腹は体の中でも急所。骨がなく、大切な内臓が詰まっています。この弱点を攻撃されたらひとたまりもないので、お腹をさわられることを嫌がるのです。

しかし飼い猫の多くは、あお向けでお腹を見せる通称「へそ天」の姿をよくしますよね。それでも「見るだけ」と「触る」とでは大違い。いくら信頼している飼い主さんであっても、いきなり触るのを嫌がる猫は多いものです。

ただし中には、お腹を触られることを心地よく感じる猫もいます。もし、いつもお腹を触られことを好む猫がある日突然、嫌がる場合は、病気が隠れていることも。尿道結石やひどい便秘などがないか、獣医師に相談してください。

2.ヒゲ

白い猫のヒゲ

猫にとって敏感で重要な感覚器であるヒゲ。ここも猫が触って欲しくない部位です。猫のヒゲは、平衡感覚を保ったり障害物を感じ取ったり、気分を表現するなどたくさんの役割をもちます。もし猫のヒゲを切ってしまったら、転ぶこともあり、狭いところを通れなくなるなど、生活に支障をきたすおそれがあるのです。

それほど敏感である猫のヒゲは、神経ともつながっており、抜くと痛いため引っ張られるのも不快。猫がヒゲを触られるのを嫌がるのは当然ですね。

なおヒゲの根元が集まっているヒゲ袋については、猫により反応は様々。ヒゲ同様に触ると怪訝な顔をする猫もいれば、喜ぶ猫もいます。そしてヒゲ袋は、筋肉をよく動かす場所なので疲れやすい部位。ヒゲには直接触れず、根元のヒゲ袋だけを優しくマッサージする人もいるようです。

3.足先

猫の足と肉球

足先も、猫が触られることを嫌がる場所です。猫にとって足は、生きるために重要な部位。たとえば後ろ足は、獲物を狙って走るときに力強く踏み出したり、外敵から逃げるために重要で、前足も獲物を捕まえるために必要不可欠です。

そもそも猫のもつ野生の本能により、移動手段として欠かせないほど大切な手足に触れられるのは安全と判断できないのです。

4.しっぽ

カーテンからのぞく茶猫のしっぽ

しなやかに揺れる猫のしっぽは、とってもカワイイものです。しかし、カワイイからといって、やたらとしっぽに触るのはよろしくありません。

実は猫のしっぽには18~20個の骨があり、太い尾骨神経も通っているのでとても繊細。さまざまな神経が集まる場所で痛みも感じやすいため、ほとんどの猫はしっぽを触られることを嫌がります。

しかも、猫はしっぽで感情を表現する動物です。もし、人間が喜怒哀楽を表現することを強制的に抑制されたらどうでしょう? 不快ですし、ストレスフルになりますよね。猫にとってもそれは同じなのです。

猫のゆらりと揺れるしっぽはつい触りたくなるほど魅力的ですが、軽い力であったとしても握ったり、やたらに触ることは避けましょう。

まとめ

仰向きで撫でられる茶色い猫

猫が絶対触って欲しくない部位にはそれぞれ、触って欲しくない猫なりのきちんとした理由があります。

しかもそれは、「生命の危険」や「生活を脅かされる」という猫の本能レベルのことなのです。ただし個体差があるので、猫によってはOKな場合も。

触ってもOKか否かの見分け方としては、「その時の猫の様子」がポイント。しっぽをバタンバタンと床に打ちつけいるときや、耳を反らしてしるときは、触られることにイライラしているサインですので注意が必要です。

基本のNG部位を把握しつつ、猫の様子をチェックして、上手に猫を撫でてくださいね。

スポンサーリンク