猫が『オドオド』している時の気持ち3つ 注意しておくべき行動とは

猫が『オドオド』している時の気持ち3つ 注意しておくべき行動とは

猫がオドオドしている姿を見たことがある飼い主さんはきっと多いはずです。そもそも猫はどのような時にオドオドし、どんな気持ちを抱えているのか…本記事で詳しく解説をしてまいります!

624view

猫がオドオドしている時の気持ちとは!?

家具の下に隠れる猫

突然ですが、猫が周りをキョロキョロと見渡しながら怯えていたり、戸惑った様子でその場で立ちすくんでいる状態を目撃したことはありますか? このようなオドオドとした状態になっている時、猫は一体どのような気持ちになっているのか気になる人もいるかと思います。

そこで今回は、猫がオドオドしている時の気持ちや原因、注意すべきポイントなどを解説してまいります。愛猫がオドオドしている時のおすすめの対策なども解説していくので、猫を飼っている方の参考になれば幸いです。

1.周りを警戒して怖がっている

猫用ハウスでじっとする猫

見知らぬ物が室内に置いてあったり、見慣れない相手や苦手な相手が近くにいた場合、猫は警戒してオドオドする傾向にあります。

誰だって得体の知れないものや苦手な相手が目の前に現れたら驚きますし、警戒するのも当然の行為といえるでしょう。

もし猫があまりにも怖がっているようであれば、警戒している物や相手を別の部屋に移動させるなどの対策をとるのがおすすめです。

2.見知らぬ場所に来て不安になっている

下から覗いた猫の顔

猫を飼っていると、動物病院や場合によってはペットサロンといった他の場所へ愛猫を連れて行かないといけないシーンもあるかと思います。

しかし、猫にとっては「いきなり知らないところに連行された」と感じられるため、見知らぬ場所に連れてこられてオドオドしてしまう可能性は高いです。

病院やペットサロンなどは必要があって連れてきているため、どうしても避けられない事ではあります。ただ、なるべく猫にとってストレスにならないように、移動時は猫のお気に入りのおもちゃやおやつなどを一緒に持って行って、気持ちが少しでもまぎれるように配慮してあげましょう。

3.大きな音がしてびっくりしている

びっくり顔の猫

猫は大きな音や騒音が苦手です。そのため、突然近くで大きな物音や声がすると、びっくりしてオドオドすることがあります。

このような場合は、大きな音や騒音の原因となっているものを取り除いてあげるましょう。もしそれが難しい場合は、できるだけ音があまり聞こえてこない部屋などに猫を移動させるなどの対策をとりましょう。

まとめ

総毛だたせて怖がる子猫

猫がオドオドする時は「なんらかの不安や恐怖といったネガティブな気持ちを抱えている」といっても過言ではありません。

なのでその気持ちが少しでも薄れるように、飼い主さんなりの配慮や注意を払うことが重要といえるでしょう。

オドオドしている猫の味方になってその気持ちを払拭できるような立ち振る舞いができれば、きっと猫からの信頼度も上がるはずです!

スポンサーリンク