猫の中でも特に『優しい性格』をもつ猫種4つ♡

猫の中でも特に『優しい性格』をもつ猫種4つ♡

猫と暮らすなら優しい性格の子がいいと思われる方は多いです。実は猫の性格は品種によっても傾向が変化します。今回は猫の中でも比較的大人しく優しい傾向にある品種を紹介します。

2347view

1.エキゾチックショートヘアー

眠っているエキゾチックショートヘアー

エキゾチックショートヘアーは、ちょっぴりつぶれた鼻、大きい瞳と丸々したボディが特徴的な猫種です。ペルシャ猫に由来する猫の一種で大人しくフレンドリーな性格であることが多いです。

猫にしては珍しく人に撫でられても、短時間であればイヤだと反応することが少ない猫種でもあります。エキゾチックショートヘアーは、遺伝性疾患である多発性嚢胞腎や白内障などを患いやすいため、日頃から多飲多尿や目やになどの異常がないか観察することも大事です。

2.ロシアンブルー

ロシアンブルー

青みがかったグレーの毛色が特徴的なロシアンブルーは、静かに優しくなくボイスレスキャットとも呼ばれています。性格も大人しく、愛情深い一面があります。言うことも聞きやすく従順であることから猫よりも犬に近い性格と感じる飼い主さんも多く、猫初心者でも飼育しやすい品種といえます。

ただし、あまり活発でない子も多いため猫と仲良くたくさん遊びたいと思っている方とは相性が悪いかもしれません。

3.ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットは、穏やかな巨人と称されるほど優しい気性の猫です。北欧出身の猫種でモフモフした長毛と大きな体も特徴的です。あまりにも体格が大きいため、通常の猫は約1年で成猫になるところ、ノルウェージャンフォレストキャットは2~3年かかります。

子猫期はそれなりにやんちゃな子も多いですが、成猫になると落ち着いた性格となり、怒ったりする回数も少なくなります。

4.スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドは、くりっとした目、折れた耳、丸っとした体つきが愛らしいと人気の猫種です。のんびり屋で穏やかな性格な子が多く、人懐っこい傾向もあるため飼いやすい品種としても知られています。

ただし、スコティッシュフォールドは遺伝的要因によって骨軟骨異形成症という病気を発症しやすい猫でもあります。かわいらしいスコ座りは病気の痛みからとる行動となります。

まとめ

ロシアンブルー

今回、品種として優しい傾向が多い猫たちを紹介しましたが、猫の性格は遺伝的要素以外にも生活環境や飼い主さんとのスキンシップなどによっても大きく左右されます。紹介した性格は、あくまでも傾向として参考にしてください。

スポンサーリンク