猫が飼い主の目が届かないところで『隠れてする行動』4つ!こっそりする理由って何?

猫が飼い主の目が届かないところで『隠れてする行動』4つ!こっそりする理由って何?

猫が留守中や見えないところで何をしているのか、飼い主としては気になりますよね。猫の行動を監視するわけではないのですが、どうしても知りたくなってしまう猫が隠れてする行動について見ていきましょう。

720view

1.盗み食い?!

ホットケーキに興味を持つ猫

お腹が空いている、もしくは人間の食べ物に興味を持ち、おやつやご飯もしくは人間の食べ物をこっそり探して食べている可能性があります。

一緒に暮らす人間から「これ以上は食べてはダメ」と言われているため、こっそり探そうと考えているのかもしれません。猫にとって食べることは大きな楽しみですから、お腹が空いてこっそり探す行為は仕方ないですよね。

ただし、常にお腹を空かせてこっそり食べている場合は、ご飯の内容や量が体調や運動量と合っていない可能性がありますので見直しをしてくださいね。

なお、人間の食べ物は猫にとって危険な物が多いです。猫が触れられない場所に片付けてください。

2.イタズラ

テーブルの角砂糖で遊ぶ猫

ちょっとしたイタズラも、隠れてする行動の一つでしょう。

人間から問題行動に見えても、猫にとっては普通の日常行動です。しかし一緒の時は怒られてしまいますから、見えない時にこっそりと行動してしまうのです。気がついた時には、物が壊れていたという可能性もありますが…

3.部屋の探検

お風呂で探検をする猫

テリトリーの開拓も、猫がこっそりする行動の一つです。

家の中は、猫にとって安全な自分のテリトリーです。興味があっても日常では行くことができない場所、新しく家の中に増えた物などをこっそりと探検し、安全確認を行なっています。

4.技術の維持や更新

高いところに登る猫

「能ある鷹は爪を隠す」は猫のためにある言葉かもしれません。猫は人前で努力する姿を見せることはしません。

可愛いく穏やかな猫の様子に、普段はつい野生動物であったことを忘れてしまっているかもしれません。しかし、猫は優れた能力を秘めたハンターです。見ていないところでこっそりとジャンプの練習をしたり、爪や牙の手入れをしている事で猫らしさが保たれているのです。

まとめ

上からこっそりと見ている猫

猫が飼い主の目が届かないところで『隠れてする行動』4つ!こっそりする理由って何?についてお伝えいたしました。

どれも猫なりの理由があって、こっそりと行動することがわかりました。危険でなく問題行動でなければ、猫のこっそり行動を咎めることはやめて方が良さそうですね。猫が自由に振る舞ってこそ、健康な証拠なのですから!

スポンサーリンク