猫が『嫌がるコト』をし続けると…3つのトラブルに要注意

猫が『嫌がるコト』をし続けると…3つのトラブルに要注意

嫌なことをされて気分が良い人はいませんが、それは猫にとっても同じです。自分がされて嫌なことは猫相手にもしてはいけませんが、もし嫌がることを続けてしまったらどうなるのでしょうか。最悪の事態を防ぐためにもぜひ本記事を参考にして頂きたいと思います。

388view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.猫からの信頼を失う

タンスに隠れる猫

猫が嫌がることを続けていると、当然ながら猫に嫌われます。嫌われるどころか、それまでせっかく築いてきた飼い主としての信頼さえ失ってしまうこともあるでしょう。

その姿が可愛いからといって、わざと猫を怒らせるなどといった行動を続けてしまったりすると、猫のほうから愛想を尽かされてしまうことだってあるのです。

猫からの信頼を失ってしまうと、近づいただけで逃げられてしまったり、隠れられてしまったりすることもあるでしょう。こうなってしまうと、もし愛猫に何かあった場合でも、飼い主さん1人での対処が難しくなってしまいます。

2.猫に攻撃される

猫パンチ

猫が嫌がることをし続けた場合、もちろん愛猫からの信頼を失ってしまうだけでは済まない場合も。これは愛猫の性格にもよると思いますが、飼い主さんに対して攻撃をしてくるようになってしまうことも十分に考えられるのです。

しつこく嫌がる部分を撫で続けたり抱っこし続けたりなどというような「触れる系」の嫌な思いをした猫は、人の手が近づくと「触るな!」と猫パンチを繰り出します。

場合によっては猫パンチを繰り出す際に、爪を出したり噛みついたりすることもあります。これは猫がどれだけ嫌な思いをしたかに比例することも多いでしょう。

猫が嫌がることを繰り返していれば、こちらだって無事では済まないのです。

3.猫が体調を崩す

診察中の猫

飼い主さんを避けたり攻撃したりする猫がいる一方で、「どうしてこんなことをされるのだろうか」とストレスを感じて体調を崩してしまう猫もいるでしょう。

来客が苦手なのに毎回誰かが来るたびにその場所へ連れて行かれる、というのも猫にとってはストレスです。

筆者宅の猫の1匹のように、人が好きすぎて来客が初対面であろうと関係なく自らその場に現れる子ならいいのですが、知らない人を嫌がる猫にそのようなことをさせるのはNGです。

猫はストレスを受け続けると、食欲不振や体調不良など健康に被害がでてしまうリスクがあります。猫にストレスを与えるような行動は絶対にしないようにしたいですね。

まとめ

キスの拒否

猫が嫌がることをすると怒るのは当然なのですが、その怒る姿が可愛いからと、やめずにまた繰り返してしまう方もいらっしゃるようです。

しかしあまり繰り返していると、愛猫からの信頼を失ってしまったり、時には猫の健康にも悪影響を及ぼしたり、飼い主さん自身も怪我のリスクが発生する場合も…。

嫌なことをされ続ければ不快に感じるのは、人も猫も同じです。お互いに気持ち良く生活するためにも、「されて嫌なこと」は猫が相手であっても控えたほうが良いでしょう。

もちろん爪切りなどのケアは、多少嫌がられたとしてもしなければいけないわけですが、それ以外の面でなるべく嫌な思いはさせないよう気を付けてあげてくださいね。

スポンサーリンク