猫が『孤独感』を感じてしまう飼い主の行動3つ

猫が『孤独感』を感じてしまう飼い主の行動3つ

猫はクールそうな印象を持たれることも多い生き物ですが、実はとても甘えん坊だったり、放っておかれると孤独感を感じてしまうことも多い生き物でもあります。飼い主さんのとても些細な行動がきっかけで孤独を感じることもあるため、今回は猫を飼う人にぜひ知っておいて頂きたい「猫に孤独を感じさせてしまう残念な飼い主さんの行動」について紹介してまいります。

2167view

猫はどんな時に孤独を感じる?

景色を眺める猫

 
皆さんのおうちの愛猫はどんな性格をしていますか?

全然甘えない自立した性格の子もいるかもしれませんが、甘えん坊さんだったり、繊細な心の持ち主である猫もきっと多いと思います。ちょっとしたことで孤独を感じやすい子もたくさんいることでしょう。

そこで今回は意外にも猫を傷つけやすい「孤独を感じさせてしまう飼い主さんの行動」について紹介してまいります。 

無意識のうちについうっかりやってしまいがちな行動もたくさんあるので、ぜひ猫を飼っている方は参考にしてみて頂けると嬉しいです。

1.猫からの要求に全然応えてくれない

空のおさらを前に意味ありげに見上げる猫

性格にもよりますが、猫は日頃から飼い主さんに向かって「これしてほしい」「早くあれやって」といったように様々な要求をしてくる傾向にあります。

しかし、そのような要求を片っ端から無視してしまうと猫も寂しい気持ちになってしまい、孤独を感じてしまう恐れもあるため注意しなくてはいけません。

猫は人間とは違い、言葉で要求することはできないので、飼い主さんに対して何かアピールしていないか猫の動きをよく観察して、必要に応じて応えてあげるようにしましょう。

2.他の猫ばっかり構っている

他の猫を構う飼い主に嫉妬する猫

猫にも嫉妬心はあります。

特に多頭飼いをしている場合、他の猫ばかり構ってばかりいると嫉妬して孤独を感じてしまう恐れがあるため、気をつけなくてはなりません。

多頭飼いをしている人は、できるだけまんべんなく平等に構ってあげることを日頃から意識するようにしましょう。

3.一緒に遊ぶ時間がないor短すぎる

おもちゃで遊ぶ猫

飼い主さんと一緒に遊ぶのが大好きな猫はたくさんいます。なかには飼い主さんと遊ぶのが日課になっている猫もいることでしょう。

忙しくて愛猫と一緒に遊ぶ時間をついおざなりにしてしまったり、愛猫がまだ遊びたがっているのにほんの少しだけ遊んで終わり…というような行動が積み重なると、猫のテンションも下がってしまい、孤独を感じる危険性があります。

そのため、なるべく愛猫と遊んであげる時間をしっかり確保できるように工夫していくのがおすすめです。

まとめ

飼い主がパソコン仕事に集中して遊んでもらえない猫

一見何も感じていないように見えても、飼い主さんの冷たい態度が続いてしまうと、きっと愛猫も内心悲しんでしまいます。

愛猫が孤独を感じないように、できる限り配慮してあげながらお世話をしていくのがベストといえるでしょう。

スポンサーリンク