猫が好きな人にワザとしちゃう『迷惑行為』4つ 何かを伝えたいのかも?

猫が好きな人にワザとしちゃう『迷惑行為』4つ 何かを伝えたいのかも?

猫に迷惑そうな顔をされる。そんな経験をされた飼い主さんは多いはずです。反対に猫が飼い主さんのことが好きなあまり迷惑行動することもあります。今回はそんな猫の行動について紹介していきます。

1730view

1.甘噛み

指に噛みつく猫

猫が飼い主さんにしてしまう迷惑行為として、甘噛みを連想される方もいらっしゃるはずです。手加減しているとはいえ、鋭い猫の歯でガジガジされるのは痛いです。猫が甘噛みをしてしまう理由は様々ですが、大好きな飼い主さんにかまってほしくて行う子もいます。

かまってほしいという猫なりのアピールですが、甘噛みされてから相手してしまうのは好ましくありません、噛めばかまってくれると猫が勘違いしてしまいます。甘噛みされたら痛いと軽く叱る程度にし、相手しないといった対応が大切となります。

2.ついてくる

扉に挟まっている猫

大好きな飼い主さんの後をストーカーの如く付いて回る猫もいます。リビングや寝室はもちろん、トイレやお風呂にまでついてくる子もいます。大好きな飼い主さんとはできるだけ一緒にいたい、見えないところに飼い主さんが行ってしまうのは不安と感じているのかもしれません。

こうした猫が増えた背景として、完全室内飼育が普及し、猫と飼い主さんの距離が近くなったことが要因として挙げられます。猫としても悪気がある行動ではないため、優しく対応してあげてください。

3.鳴く

鳴いている猫

猫は本来、あまり鳴き声を発する動物ではありません。野生の猫が鳴くのは威嚇や発情期、子猫と母猫で意思相通する時くらいです。一方、イエネコはそれなりに鳴きます。飼われている猫が鳴くのは人間・飼い主さんとコミュニケーションを図るためです。

特に大好きな飼い主さんには遊んで、ご飯ちょうだい、かまってなどのおねだりするため、よく鳴きます。このとき猫に鳴かれてからの対応を繰り返すと、要求の度に大声で鳴かれ続ける羽目になります。猫に可愛く鳴かれても、簡単に要求に応じないよう意識しましょう。

4.頭突き

頭をぶつけている猫

家の中で過ごしていると、いきなり猫が頭をゴツンとぶつけてきた経験はありませんか。一見、攻撃されているように思えますが、実は猫なりの愛情表現のひとつです。猫の頭部にはフェロモンを発する器官が多く備わっています。頭突きに思える行動は、このフェロモンを飼い主さんに擦り付けて「この人は自分の物」だとアピールしているのです。

飼い主さんのことがキライだから頭突きをしているわけではありません。寛大な心で頭突きされてください。

まとめ

なでられる猫

猫は人間の言葉を話せないため、行動で好きという気持ちを伝えます。しかし、人間が考える好きの行動とは若干異なる部分もあるため、飼い主さんから迷惑行為と捉えられてしまうこともしばしばあります。

猫と円満な関係を築くためには、猫の行動に含まれている意味を理解することが大切です。この機会に猫が普段する行動の意味をチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク