飼い主が思う『愛猫が旅立つ前にさせてあげたい』4つのこと

飼い主が思う『愛猫が旅立つ前にさせてあげたい』4つのこと

愛猫が虹の橋へと旅立つ直前、残された時間で何かできることはないか思いを巡らせる飼い主さんは多いです。今回は愛猫が虹の橋へ向かう前にしたいことを4つ紹介します。

1321view

1.感謝を伝える

猫とThankyou

愛猫が虹の橋へと旅立つ前にする行動として、感謝の気持ちを猫に伝えることが挙げられます。これまでの時間一緒に過ごしてくれてありがとう、と言葉にして伝えるだけでも心残りが一つ減ります。

一度にすべての感謝を伝えなくても大丈夫です。1日ひとつだけでも猫への感謝を言葉にすることで気持ちも整理できます。旅立ってしまった後に言いそびれたと後悔しないよう、今のうちに言葉にして伝えておきましょう。

2.好物を用意

猫とおやつ

愛猫が好きだったフードやおやつを用意してあげることも旅立つ前にしてあげられることのひとつです。最期を前にターミナルケア(緩和医療)に移行している段階の猫だと、体力が低下して食べることもしんどい状態かもしれません。

細かくほぐしてあげる、口元にもっていってあげるなどの工夫が必要になる場合があります。

もしも、食べなかったとしても無理矢理食べさせないようにしてください。また治療中の猫の場合は、かかりつけの動物病院に相談してから与えることを推奨します。

3.ブラッシング

ブラッシングされる猫

体力が低下してきている猫は自分の毛繕いも疎かになります。毛繕いの回数が減り、いつもよりも毛並みがボサボサな状態です。旅立つ前に身嗜みを整える意味でも愛猫の毛並みをブラッシングでキレイにしてあげましょう。

このとき猫が痛がらないよう優しくブラッシングすることを心掛けましょう。猫が嫌がる素振りを見せたら一度中止することも大切です。
 

4.一緒に過ごす

撫でられる猫

最期の時を迎えるまで、できるだけ愛猫と一緒に過ごすことも大事にしたいことです。残された時間を一緒に共有することで旅立つ愛猫に対して気持ちの整理が付くこともあります。

弱っていく愛猫と一緒に過ごすのはツラいかもしれませんが、猫の方も心細いはずです。猫が安心して最期を迎えられるよう、近くに寄り添ってあげてください。

まとめ

眠っている猫

今回は愛猫が虹の橋へ旅立つ前に行っておきたいことを紹介しました。人間の場合と同じく猫が旅立ってしまうと知ると悲しい気持ちで心が押しつぶされそうになります。しかし、不安な気持ちが強いと猫にも伝わり、安心して旅立てなくなってしまいます。

悲しい気持ちを無くすことは難しいですが、愛猫が心残りなく旅立てるよう最後の時間を一緒に大切に過ごしてあげてください。

スポンサーリンク