室内猫が『幸せに暮らす』為に欠かせないポイント4つ

室内猫が『幸せに暮らす』為に欠かせないポイント4つ

近年では、猫は完全室内飼いが推奨されています。今の時代、猫が家の外へ行くということは、高いリスクがあるからです。とはいえ室内だけで一生を過ごすわけですから、限られたスペースでも幸せに過ごせるよう配慮が必要になります。では、どうしたら室内飼いの猫が幸せに暮らすことができるでしょうか?

797view

1.高い所へ登れるようにする

キャットタワーの上の猫

限られた空間の中でも確保したいのが高い場所。猫は、高い所へ登るのが好きです。野生時代の猫は木に登ってそこから周囲を確認していました。高い所にいれば、外敵から身を守ることもできます。その習性が残っている猫には、高い場所が必要なのです。室内で飼われていても、高い場所は落ち着くのですね。

そんな猫のためには、キャットタワーを設置してあげるのが理想ですが、用意できなくても、家具の配置を工夫してあげることで、猫が行き来できるスペースになります。高い場所に登り降りできれば、上下運動にもなり、運動不足やストレスの解消にもなるでしょう。

2.隠れられる場所を確保する

キャットハウスの中の猫

高い場所と同じように猫が安心できるのが、薄暗く狭い場所です。野生の猫は、外敵から身を隠すためにそのような場所を利用していました。室内飼いの現代の猫も、何かに驚いた時などは、狭い場所に潜り込んでしまうことがありますね。

室内ではキャットハウスを置いてあげてもいいですし、家具の下などに猫が隠れられるスペースを確保してあげるだけでも大丈夫です。猫に逃げ場を作ってあげることが重要なのです。

3.安心して過ごせるかどうか

窓辺の猫

猫に必要な場所を用意したら、それ以外でも安心して過ごせるようにしてあげましょう。外を見たり日向ぼっこができることも大切です。トイレは落ち着ける場所に大きめの物を設置してあげて下さい。室温が暑すぎたり寒すぎないか、周囲は騒がしくないかなどにも気を配りましょう。

また、室内だからといってケガや事故がないとは限りません。水を張った浴槽に落ちたり、洗濯機に閉じ込めてしまったり。小さな部品を誤飲したり、植物で中毒を起こすなどということも起こりえます。

猫の生活圏から危険を排除することも猫の室内飼いの環境には大切です。危ない所はないか、チェックしてみて下さいね。

4.コミュニケーションを大切に

窓際の女性とアイコンタクトする猫

環境を整えることは、室内飼いの猫が幸せに暮らすために大切なことです。でも、それだけでは不十分。猫にとっては、飼い主とのコミュニケーションが必要不可欠だからです。

毎日猫と遊んであげましょう。撫でてあげたり、ブラッシングなどのケアもしてあげましょう。

ただし、猫にはひとりでいたい時もあるので、そのような場合は無理をせず、猫の方から寄って来て甘えたそうにしている時にスキンシップしてあげて下さいね。

猫の様子を見ながら猫に合わせてあげることも、猫に幸せになってもらうために大切なことなのです。

まとめ

飼い主の手に寄りかかって寝る子猫

猫が家の中でも快適に過ごせるためのポイントは、猫の習性に合わせた環境作りとストレスを与えないことです。限られたスペースの中でも、色々と工夫してみましょう。

もちろん何よりも大切なのは飼い主からの愛情ではないでしょうか。飼い主から愛されていることこそが、猫にとっての一番の幸せなのだと思います。

スポンサーリンク