唯一無二の模様『白黒猫』の魅力4選!特徴や色の割合で決まる性格について徹底解説!

唯一無二の模様『白黒猫』の魅力4選!特徴や色の割合で決まる性格について徹底解説!

白黒猫は、その模様の出方によって印象が大きく異なりますね。それぞれが他にない模様を持っています。白黒猫は、色の割合によって性格にも違いがあるようです。ここでは、そんな個性的な白黒猫の魅力を探ってみたいと思います。

996view

1.白猫と黒猫の特徴を合わせ持つ

寝そべってこちらを見る白黒猫

猫は、被毛のカラーによって性格に特徴があります。

白猫なら神経質で繊細、黒猫なら穏やかでフレンドリーな猫が多いと言われていますが、白と黒の2色を持つ猫はというと、白猫の特徴と黒猫の特徴を両方持っているのです。白の部分が多ければ白猫の性格が強く出ますし、黒の割合が多い猫なら黒猫に近い性格をしています。

白黒猫全体で見ると、警戒心が強い場合が多いようです。懐くまでに時間がかかるかもしれませんが、黒の割合が多い猫はフレンドリーなのでたくさん甘えてくれるでしょう。白の割合が多い場合は、注意深い猫が多いですが、黒猫の性質も混ざっているため、慣れてしまえば甘えてくれるようになります。

ただし、白黒猫の模様が様々なように、性格も個体によって違うことも多いので、すべての白黒猫がこれに当てはまるわけではありません。

2.肉球がぶち模様

仰向けになる白黒猫

プニプニとした肉球は、猫のパーツの中でも特にかわいい部分ですね。肉球というとピンクのイメージが強いですが、白黒猫の場合はぶち模様になることが多いのだとか。

白黒猫の他にも、三毛猫やサビ猫、白い部分のあるキジトラなど、複数の毛色のある猫ではぶち模様の肉球の猫がいます。ちなみに白黒猫は、鼻もぶち模様になることがあります。

3.瞳の色は様々

オッドアイの白黒猫

白黒猫の瞳の色は種類がたくさんあります。瞳の色は被毛に白が多いか黒が多いかによって異なり、白が多い場合はブルーが多く、左右で色が異なるオッドアイになることもあります。

逆に黒の割合が多い猫の瞳は、ゴールドやオレンジ、銅色のカッパーが多いです。

4.模様のバリエーションが多い

バリエーションのある白黒猫のイラスト

白黒猫と一口に言っても、その柄の出方は様々。白の割合が多かったり、反対に黒が多い猫もいます。

また、タキシードを着たような柄だったり、足の部分が白くてまるで靴下を履いているみたいな柄など、そのバリエーションが豊富です。

黒い部分がヒゲや髪の毛に見えたりと、愛嬌のあるかわいらしい顔をした猫もいます。まさに、1匹1匹が唯一無二の模様をしているのです。

まとめ

子猫の白黒猫

白黒猫はとても個性的です。被毛の模様のバリエーションが多いだけでなく、瞳の色も様々たっだり、肉球や鼻もぶち模様になることがあるなど、魅力がいっぱいですね。

イラストや猫グッズになったり、ユニークな模様の白黒猫がSNSで話題になることも。どんな白黒猫がいるか、ますます気になりますね。

スポンサーリンク