愛猫と一緒に暮らす為に『かかるお金』はどのくらい?定期的な出費からイレギュラーなものまで

愛猫と一緒に暮らす為に『かかるお金』はどのくらい?定期的な出費からイレギュラーなものまで

猫を飼うためには、必要なものを揃えたり、毎日の食事などにお金がかることはわかりますね。では、具体的にはどれくらいかかるのでしょうか?定期的な出費の他には、どんなことにお金がかかるのでしょう?

485view

猫をお迎えするための準備の費用

籠の中の子猫を撫でる人の手

猫をお迎えするために最低限必要なものは、餌やトイレです。

初期費用としてはキャットフードが2,000円、食器と水入れで1,000円、トイレが3,000円、トイレの砂が500円といったところです。他には爪とぎも必要で、これが1,000円程度、爪切りが800円ほどです。キャリーバッグも動物病院への移動などで必要になるため、用意した方がいいでしょう。目安としては5,000円ほどです。

もちろん、これらのものは種類も豊富でメーカーやタイプによっても大きく価格が異なりますのでこの通りではありませんが、だいたい合計で24,300円程度はかかると思って下さい。

これは最低限で、ケージが必要な場合やキャットタワーやベッドを用意するとさらに大きな出費になります。ケージやキャットタワーは10,000円以上することもありますし、ベッドも1,000円前後かかります。

猫が生活するために必要な費用

コインと猫

猫が生活するために必要な餌や猫砂。これがだいたい1ヵ月に5,000円程度かかります。餌や砂だけでも、年間60,000円が必要になるのです。おやつやおもちゃ、ブラシなどを購入することも考えると、細かい出費もかさんできます。

生活用品だけでなく、猫のためにエアコンを使用することもあり、冷暖房などで光熱費も加わることを覚えておきましょう。

思わぬ病気やケガ・飼い主の留守にかかる費用

動物病院の待合室で飼い主に抱かれる猫

猫だって病気になることがあります。ケガをすることもあります。そんな時は動物病院を受診しますが、ペットは公的医療保険がないために全額実費になってしまうんです。医療費が高額なのに驚くかも知れません。

また、動物病院は自由診療で明確な治療費の基準がありません。動物病院が自由に設定するので、病院ごとに異なります。猫の医療費の目安としては初診料が1,000~1,500円ほど。点滴を受けると3,000~4,000円程度かかります。検査が必要になると10,000円以上かかることも。

治療が長引いたり、入院しなければならないこともあります。手術が必要な場合は、数万~10万円以上かかることもあるのです。これら突然の出費に備えておかなければなりません。いざという時に慌てないために、ペット保険に加入しておくという方法もあります。

また、飼い主の急な出張や帰省などで数日にわたって家を空ける場合は、ペットシッターやペットホテルの費用が必要です。

動物病院にかかる費用

黒猫に聴診器を当てる獣医師

動物病院は、病気やケガで受診するだけではありません。健康診断や予防接種など、猫の健康維持のためにも、動物病院に行くことがあります。健康診断が一般的に5,000~10,000円ほど。年に1回は受けることが望ましいです。予防接種が3,000~5,000円程度かかります。予防接種も年に1回必要になります。

また、去勢・避妊手術を受けるケースが多いかと思いますが、これが10,000~30,000円ほどです。メス猫の方が費用が高くなります。

まとめ

計算機と猫

具体的に金額を見ていくと、猫を飼うのにはかなりの費用がかかることがわかります。猫をお迎えしようと思ったら、費用の面でも準備をすることが必要になるのです。

愛猫に不自由な思いをさせないためにも、しっかりと準備をしてお迎えすることが大切ですね。

スポンサーリンク