猫の足の速さは『時速48km』!?2つの速い理由と身体の秘密

猫の足の速さは『時速48km』!?2つの速い理由と身体の秘密

猫はとても俊敏な動きをする生き物。家の中で走り回る猫の動きを見て、「なんて速く走るんだろう」と、びっくりしたことがある飼い主も多いのではないでしょうか。実は、猫は時速48km走ると言われています。時速20km〜30kmで走る犬と比較しても、その速さが伺えます。なぜ、猫はこれだけ速く走ることができるのか、その理由と身体能力の秘密についてご紹介します。

542view

猫の足の速さはどれくらい?

走る猫

先ほどもご紹介したように、猫は、全力を出すと時速48kmで走ることができます。これは、市街地を走る乗用車よりも速いスピードを出すことができる計算になります。

人間と比較しても、圧倒的に猫の方が速く走ります。人類史上最速で走ると謳われた、世界チャンピオンのウサイン・ボルトの速さは、時速37kmと言われています。猫はそれよりも速く走ることができるのです。

ちなみに、猫は瞬発力に優れており、逆に持久力はあまりありません。長距離走よりも、短距離走に向いています。

猫が速く走れる理由

猫の姿

小柄な猫が、どうしてこれだけの速さで走ることができるのでしょうか。それは、猫の身体の構造に秘密が隠されているからです。

1.しなやかな身体付き

飼い猫を抱っこすると、とても柔らかく、まさに液体のようだと感じたことはありませんか?

猫の身体は、とてもしなやかな構造をしています。特に、いわゆる「猫背」とよく言われている背骨は大きくカーブをしており、これがバネの役割となって、俊敏に走る助けとなっています。

また、しなやかながらも、胸と足の筋肉が発達しているため、身体をバネにしながらしっかりと走ることができるのです。これは、猫だけに限らず、ネコ科の動物の身体特徴とも言えるでしょう。

猫が、小柄ながらも速いスピードで走ることができるのは、足の力だけでなく身体全体を使って走っているからなのですね。

2.走りやすく進化した後ろ足

寝ている猫の肉球

実は、猫の足の指の本数は、前足と後ろ足で違います。前脚の指の数は5本あるのに対し、後ろ足は4本。これが、猫が速く走れる秘密のひとつなのです。

後ろ足は、走るときに力がかかる部位です。この後ろ足の表面面積が狭くなることで、地面を蹴る力が一点に集中し、より走りやすくなるのです。

猫は狩りをする生き物ですので、獲物を逃さないように俊敏に動く必要があります。少しでも速く走れるように、身体の構造も走りやすい造りへと進化していったのでしょう。

まとめ

走る子猫

なぜ猫が速く走れるのか、身体の秘密とともにその理由をご紹介しました。世界最速で走る動物であるチーターもネコ科の動物であり、仲間である猫も似た身体の構造をしていますので、猫が速く走れるのは納得です。

近年はおうちの中で飼われる猫も増え、家庭内でのんびり過ごしている猫に対し、これだけ速く走れるのかと意外に感じた飼い主もいるでしょう。

猫の身体能力はまだまだ解明されていない部分も多いので、より高い身体能力を秘めている可能性もあるかもしれませんね。

スポンサーリンク