猫からの『信用を取り戻す』重要な5つの方法

猫からの『信用を取り戻す』重要な5つの方法

最近なんとなく愛猫がよそよそしい…。そんなときはもしかしたら、信用を失ってしまったのかもしれません。どうしたら取り戻せるのでしょうか。その方法を、お伝えします。

822view

1.原因を把握する

怒っている猫

猫の信用を失ったと感じたら、まずはそうなってしまった原因を把握しましょう。それが分からないとまた同じことを繰り返し、更に関係が悪化してしまうかもしれません。なぜ信用を失ってしまったのかその原因を追求し、再発防止に勤めましょう。

その上で、これからご紹介する方法を試してみてください。焦らず時間をかけて臨めばきっと、信用を取り戻せる日がやってくることでしょう。

2.猫のペースに合わせる

怒り顔の猫

猫のペースに合わせて日々を送るのは、とても大切です。特に信用を失っているときに無理強いすると、より心は遠く離れてしまうでしょう。こちら側から近づくのではなく、猫の方から近づいてくるのを待つなど、ペースを乱さないようにしてあげてください。

猫が警戒していたり、ちょっとでも嫌がっている様子を見せたりするときは、そっとしておきましょう。

3.見返りを求めない

睨む猫

猫と接しているとつい、「スリスリしてほしい」「可愛い声で鳴いてほしい」など見返りを求めてしまうことがありますが、それもいい意味で諦めましょう。一生懸命お世話しても、信用がなければ何も返ってこない場合があります。それで腹を立ててしまっては、取り戻せるものも取り戻せないでしょう。

しばらくは、辛い日々が続くかもしれません。それでも、いつかはまた信用してくれると信じて、身の回りのお世話を淡々とこなすのです。

その様子を猫は、見てくれているでしょう。そしてお許しが出たらきっと、猫の方から近づいてきてくれるはずです。

4.怖がることをしない

冷めた顔の猫

当たり前の話ですが、猫が怖がることはしないようにしましょう。たとえば、無理やり抱っこしたり大きな音を立てたりです。そのようなことをしていると、信用を失う一方になってしまいます。

怖がらせてしまうと、飼い主さんを「危険な人」と認識し、ますます近づいてくれなくなる可能性が。そうではなく「危険のない人」と思ってもらわなければいけません。そのようになるよう、猫の怖がることは極力避けていきましょう。

5.美味しい食べ物を与える

おやつを食べる猫

猫と仲良くなる有効な手段として、「美味しい食べ物を与える」という方法があります。ちょっと高級なご飯やおやつなど、好みの味の食べ物を与えてあげましょう。

手から与えられるのを嫌がる場合は、お皿に置いて。それでも警戒するなら、少し距離をとりましょう。

美味しい食べ物を与えたからといってすぐに信用を取り戻せるわけではありませんが、ここも忍耐が必要です。時間をかけてゆっくり行っていけば、いつかきっと心が通じ合う日がやってくるでしょう。いくら信用を取り戻すためとはいえ、くれぐれも食べ物の与えすぎには注意です。

まとめ

威嚇する猫

一度失った信用を取り戻すのは、少し大変かもしれません。それは猫も人も同じようです。ですが、本当に信用を取り戻したいのなら、時間をかけてじっくり取り組んで行きましょう。

地道に取り組めばいつかは、願いが叶うときがくるはずです。それを希望に、めげずに信用を取り戻していきましょう!

スポンサーリンク