亡くなった猫が飼い主に願う『たった4つのこと』

亡くなった猫が飼い主に願う『たった4つのこと』

大事な愛猫が虹の橋を渡ってしまうことは猫の飼い主が避けて通れない運命です。遅かれ早かれ、いつか必ず別れの日は訪れます。今回は旅立った猫が残された飼い主に願うことを紹介していきます。

3014view

1.生きてほしい

虫と遊ぶ猫

飼い主さんが旅立って行った猫のことを愛していたのであれば、猫も飼い主さんのことを愛しています。飼い主さんが愛猫に対して長生きしてほしいと願っていたのであれば、猫も大好きな飼い主さんには長生きしてほしいと願っているはずです。愛猫がいない日々は悲しいですが、ツラくても前を向いて生きましょう。

2.幸せになってほしい

笑顔な猫

愛していた猫がいなくなることで悲しみに暮れる飼い主さんは多いです。しかし、飼い主さんのことが大好きだった猫が願うのは悲しみよりも幸せそうに生きる飼い主さんの姿です。悲しみは簡単に拭えませんが、少しずつでも新しい幸せを見出してみてください。

3.他の猫も大切にしてほしい

2匹の猫

同居していた他の猫に対して面倒見が良かった子の場合、旅立った後も残された家族たちのことを気にしているかもしれません。飼い主さんが悲しみのあまり、他の子たちに気持ちを向けられなくなってしまうと猫も不安で安らかに眠れません。愛猫を安心して旅立たせてあげるためにも残された猫たちを大切にお世話してあげましょう。

4.忘れないでいて欲しい

女性と猫

飼い主さんに甘えん坊な子だったのであれば、いつまでも飼い主さんには自分ことを覚えていて欲しいと願うかもしれません。勘違いされやすいですが、忘れると乗り越えるは違います。

愛猫がいなくなってしまった悲しみを乗り越えて、新しい日々を過ごすことは決して猫のことを忘れるわけでも、興味を失う訳でもありません。

命日の日や思い出の日に時々、愛猫のことを悼んであげることが猫も安らげる供養となるはずです。

まとめ

眠る猫

猫を飼われている多くの方が「虹の橋」という詩を聞いたことがあると思います、虹の橋とは亡くなったペットが向かう場所といわれています。先に旅立ったペットたちは、虹の橋を渡る手前で、いつか天寿を全うする飼い主さんのことを待っているそうです。

このとき飼い主さんがずっと悲しみ続けていると待っているペットたちがいる場所に雨が降り、寒い思いをしてしまうそうです。前を向いて生き続けた先に愛猫が待っていると信じて、明日に向かって一歩踏み出してみてください。

スポンサーリンク