猫と『頻繁に目が合う』時の5つのワケ 注意しなければいけないことも解説

猫と『頻繁に目が合う』時の5つのワケ 注意しなければいけないことも解説

猫と視線が合ったとき、どのように対応すればよいのでしょうか?愛猫であれば問題ないことが多いですが、初対面などまだ信頼関係のない猫の場合は、注意が必要です。まずは猫と目が合う理由を、探っていきましょう!

1724view

1.要求がある

叶えてにゃ

猫が信頼している飼い主さんに目を合わせてくるのであれば、何かして欲しいことがあるのかもしれません。「ご飯が欲しい」「撫でて」などの要求があるのです。きっと叶えてもらえるまで、じっと見つめてくることでしょう。

それはそれで可愛いのですが、いつまでも要求を飲んであげないと、怒って邪魔をしてくるかもしれません。焦らしはほどほどにして、叶えてあげた方がよさそうです。

2.好き♡

好き

猫は通常、相手と目を合わせるのを避けます。それは「喧嘩売ってます!」という意味になってしまうからです。

ですが、信頼関係のある相手に対しては、ある程度視線を合わせることがあります。飼い主さんのことが好きで愛情を表現したいがために、目を合わせるという可愛い行動に出る場合も♡

愛猫の熱い視線に気がついたら、ゆっくりまばたきしてあげるとよいでしょう。飼い主さんの愛も、伝えることができます。

目が合ったとたん、愛猫の方からまばたきしてくれる場合も。そんなときもまばたきをし返すと、愛情が伝わります。

3.顔色をうかがっている

今大丈夫?

「今、近づいても大丈夫かにゃ?」。飼い主さんの様子をうかがいたいときに、目を合わせる場合も。遠慮深い性格の猫は、顔色を見てアプローチすることがあります。

筆者宅の猫も1匹はこのタイプ。いつも甘えたいとき、一旦近くでこちらの様子をうかがってから、近づいてきます。愛猫の気配に気がついたら、アイコンタクトをしたり優しく声をかけてあげると、喜ぶでしょう。

4.威嚇している

こっち来るにゃ

「こっちに来るにゃ〜!!」と威嚇しているとき、猫は思いきり目を合わせてきます。負けないぞ!という気持ちがこもっているのでしょう。内心は怖くてドキドキバクバクしているはずですが、うかつに距離を詰めると危険です。

恐怖のあまりパニクった猫が、攻撃してくる可能性があるからです。威嚇で目が合ったときは、視線をそらしてすぐその場から離れましょう。

5.喧嘩を売っている

睨む猫

本気で喧嘩を売っているときも、バチッと目を合わせてきます。特に初対面の猫やまだ信頼関係が出来ていない猫と接するときは要注意です。なだめようと近づいたらきっと、攻撃してくるでしょう。

このときは、応戦する気がなければ威嚇時と同様、視線をそらしてその場を後にするのが正解です。人が猫の素早さと爪や牙の鋭さに敵う可能性は、かなり低いでしょう。

まとめ

ロッキーくん

可愛い猫と目が合うのは嬉しいことですが、人の世界と猫の世界では、その意味が異なります。気をつけないと「敵意がある」と捉えられてしまう可能性があるため、注意しましょう。信頼関係のない猫と目を合わせるのは、避けるのがベストです。

スポンサーリンク