猫が飼い主を『ウザい』と感じている時の仕草3つ 更に関係を悪化させてしまうNG行動とは? 

猫が飼い主を『ウザい』と感じている時の仕草3つ 更に関係を悪化させてしまうNG行動とは? 

しつこくされたり、嫌なことをされると猫も「ウザい」と思うことがあります。とはいえ猫は直接言葉で「ウザい」とは伝えることができません。そこで今回は猫が「ウザい」と感じている時によくやりがちな仕草について紹介してまいります。

1571view

猫が「ウザい」と思った時にとる仕草とは?

振り返る猫

猫も人間と同じように、周りの人に対して「ウザい」と思う瞬間はあります。人間のように「ウザいからやめて!」と言葉で伝えることはできませんが、その代わりにさまざまな仕草を通してうっとおしく感じていることを周りに伝えようとする傾向があります。

では具体的にどのような仕草を通してウザいとアピールしているのか、本記事で解説をしてまいります。

「なぜか分からないけど、いつも猫から煙たがれる」と感じることが多い人は、もしかしたら(ウザいよ!)というサインを猫から出されているかもしれません。ぜひ猫と関係を築く上での参考にして頂けますと幸いです。

1.距離をとろうとする

ぽつんと座る猫

猫はウザいと感じる相手に対して、距離をとろうとする傾向にあります。

人間もウザいことをする相手が目の前に現れたらできるだけ相手から離れたり、その場から逃げようとすることは多いですよね。それと同じで、猫もウザい相手はなるべく近くにいてほしくない!と感じているのです。

もし猫から距離をとられてしまう場合は無理に追いかけ回したり、スキンシップを図ろうとするとさらに関係がこじれて逆効果になる可能性があります。

そのため、このような場合は猫の方から近寄ってくるまでこちらからは何もせず気長に待ち続けるのがおすすめです。

2.威嚇する

怖い表情の猫

「ウー!」「シャー!」といった威嚇の声を出している時も要注意です。ウザいことをされて気分がイライラしているが故に威嚇をしている可能性があります。

もし猫に威嚇をされた場合は、猫の気分がおさまるまでそっとしておきましょう。

無理に気分をなだめようとして近づこうとすると、さらに警戒されてますます威嚇する可能性があるので無理なコミュニケーションはやめておくのが懸命です。

3.しっぽを大きく振る

大きなしっぽの猫

猫がしっぽを大きくぶんぶんと振っている時も機嫌が悪いサインです。

「ウザいから今は機嫌が悪いよ」とアピールしていると思われるため、しっぽを大きく振る仕草を見かけた時もできるだけそっとしておきましょう。

このような状態の時にうっかり猫に近づいたりコミュニケーションをとろうとすると、攻撃されたりさらに怒らせてしまうリスクもあるため注意が必要です。

まとめ

威嚇する猫

猫はありとあらゆる仕草を通して、自分の気持ちをしっかりと伝えようとしてくれる傾向にあります。

もし今回紹介した仕草を愛猫がとっているような場合は決して無理に近づこうとはせず、猫の気持ちがおさまるまで距離を保って見守ってあげるのがおすすめです。

スポンサーリンク