猫をたくさん喜ばせる『ワザ』5つ!普段の行動も少しの工夫で最高なものになるかも?

猫をたくさん喜ばせる『ワザ』5つ!普段の行動も少しの工夫で最高なものになるかも?

愛猫にはいつも楽しく暮らしてほしいですよね。猫を喜ばせるにはどのようなことをすればいいのでしょうか。特別なことをしなくても猫をたくさん喜ばせる方法をご紹介します。

1596view

1.猫がなでて欲しい場所をなでる

頭をなでられる猫

猫は自分でなめられない場所や、においを分泌する臭腺がある場所をなでられるのを好みます。

背中からしっぽの付け根、顔周りは猫が自分でなめることができない場所であり、臭腺もある場所です。さらに、しっぽの付け根には生殖器につながる神経もあり、なでられるとしっぽをピンと立てて喜ぶ猫もいます。

なでるときは「長時間なでない」ことがポイントです。猫はなでる時間が長すぎるとイライラしてしまうことがあるのです。

しっぽを強く振ったり、耳を後ろに向けたりするイライラのサインが見られたときや、サインを出す前になでるのをやめると「飼い主さんになでられるとうれしい!もっとなでてほしい」と猫が思うようになります。

2.猫になめられた場所を使ってなでる

人の指をなめる猫

猫が飼い主さんへの愛情表現として、飼い主さんの手などをなめてくれることがあります。

猫の舌はザラザラしていてなめられると少し痛いですが、猫同士で行う毛づくろいをしているつもりなのです。

猫がなめてくれた場所で猫をなでると、猫が「お返しをしてくれた」と喜んでくれます。

3.肩をマッサージする

肩をマッサージされる猫

肩がこっている猫は多いそうです。人のような肩こりを猫も感じているのかわかりませんが、肩甲骨の間やそのまわりをやさしく揉んであげると気持ちよさそうにリラックスしてくれることがあります。足を触られても平気な猫には、肩から前足へくるくると円を描くようにマッサージをするのもおすすめです。

4.おもちゃで狩猟本能を刺激する

猫じゃらしに前足を伸ばす猫

猫がおもちゃで遊ぶのは、狩りを真似ている行動です。飼い主さんが猫じゃらしなどのおもちゃをネズミや鳥、虫の動きを再現して動かすことで猫の狩猟本能を刺激することができます。必死になっておもちゃを捕まえようとするので、捕まえたときに達成感や満足感が得られます。

若い猫はおもちゃに興味津々になってくれますが、高齢になってくるとおもちゃに飛びつくことが少なくなります。目でおもちゃを追ったり、前足を伸ばしたりするだけでも十分です。

また、高齢猫は足腰が弱くなっていることもあるので、ジャンプなど激しい遊びが負担になる場合もあります。猫の様子を見ながら負担にならないように遊びましょう。

5.構いすぎない

外を眺める猫の後ろ姿

猫を喜ばせるには、猫がひとりの時間を過ごせるようにすることも必要です。

猫はもともと単独で行動する生き物なので、ひとりでいたいときもあるようです。お気に入りの場所で寝ている、窓から外を眺めているときなどはそっとしてあげましょう。

猫が構ってほしいと甘えてきたときにできるだけ応えてあげることで、猫は喜んでくれます。

まとめ

お尻を撫でられる猫

なで方や遊び方など普段の行動を少し工夫するだけで、猫をたくさん喜ばせることができます。

そうすることで、飼い主さんの愛情も猫にたくさん伝えることができます。ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク