猫にとっての『家の中で危険すぎる場所』4つ

猫にとっての『家の中で危険すぎる場所』4つ

近年、室内飼育が普及し、猫たちも家の中で過ごす時間が増えました。一見、安全そうな室内ですが実は注意しなければならない場所があります。今回は猫のために家庭で気を付けたいポイントについて解説していきます。

965view

SupervisorImage

記事の監修

大阪府立大学生命環境科学部獣医学科卒業。その後、約10年に渡り臨床獣医師として動物病院に勤務。予防医療、行動学、老犬の介護問題に興味を持っています。正しい知識と情報を多くの方に伝えたいという思いからWEBライターとして動物関係の記事を執筆しています。

1.キッチン

キッチンを歩く猫

食材がたくさん置いてあるキッチンは猫にとって危険な場所です。中でも生ごみが捨てられる三角コーナーは猫からすると興味の対象です。好奇心旺盛な子だと、うっかり生ごみを口にしてしまうこともあります。ネギ類や生肉など人間の食べ物の中には猫の中毒を招く恐れがある物も存在するため、生ごみの管理はフタつき三角コーナーを導入するなど徹底しましょう。

その他にコンロも危険です。猫は油に惹かれやすく、炒め物など料理するコンロに近づきたがる子もいます。点火直後に近づくと被毛やひげが燃えて火傷を負う可能性があります。包丁など調理器具でケガすることも考えられるため、キッチンにはできるだけ猫を近づけさせないことをオススメします。

2.ベランダ

ベランダで過ごす猫

外の景色を見せてあげようとベランダに猫を出してあげている方もいらっしゃるかもしれませんが、危険性もあります。まず考えられるのは脱走のリスクです。少し目を離した隙に家の外へと逃げ出してしまうと、保護するために多大な労力が必要となります。

猫が必ず自力で帰ってくる保証はなく、そのまま出会えなくなるケースも少なくありません。また高い場所にある場合、猫が誤って落下してしまう事態も起こりうるため、ベランダに猫は出さない方が無難です。

3.洗濯機

洗濯機に入ろうとする猫

飼い主さんの匂いが染みついた衣服と狭く暗い環境から、洗濯機の中を気に入る猫もいます。しかし、万が一、猫が隠れていることに気づかず洗濯機を稼働させてしまうと大惨事となります。

実際に海外では猫が入ったまま洗濯機を動かしてしまった事件が発生しています。その他にも洗剤や柔軟剤などが、猫にとって危険なケースもあるため、しっかり保管しましょう。

4.お風呂

お風呂で過ごす猫

湯船にお湯を溜めた後、フタをすると温かいからか上に乗ろうとする猫もいます。一見問題ないように思えるかもしれませんが、何かの拍子で誤って転落してしまうと、そのまま溺れてしまう可能性があります。

またお風呂には人間用のシャンプーや洗剤などがあり、物には中毒を引き起こす恐れもあります。

まとめ

驚く猫

今回は室内で気を付けたい猫にとって危険な場所を紹介しました。家の中は猫にとって安全なように思えて意外に危険な場所が多いです。とはいえ飼い主さんが危険性を理解し、対策を施していれば問題が起こる前に防げるため、この機会に室内の安全性を見直してみてください。

スポンサーリンク