猫が思う『一緒に寝たい人』の特徴4つ♪“好き”以外の条件もあるの?

猫が思う『一緒に寝たい人』の特徴4つ♪“好き”以外の条件もあるの?

愛猫と一緒に寝ている人が羨ましいと思ったことはありませんか?実は、猫が一緒に眠りたいと思う人には特徴があるのです。その特徴とは何なのでしょうか?詳しく解説いたします。

49399view

猫が「一緒に眠りたい」と思う人の特徴

猫と添い寝

季節を問わず一緒に眠ってくれる猫がいますよね。実は、「毎日一緒に眠りたい」と思える人にはある特徴があるのです。

今回は、その特徴を4つ紹介いたします。必ずしも「好きだから」とは限りません。

1.寝相が良い人

布団の外にいればいつでも移動できるのですが、流石に寝相が悪いと落ち着いて寝られません。少なくとも暴れずに寝てくれる人を選んでいます。

2.規則正しく就寝する人

猫は規則正しい生活を好みます。日によって就寝時間がまちまちでは合わせるのが大変ですよね(猫は誰かの行動に合わせるということが苦手です)。

そのため、ある程度決まった時間帯に布団に入る人を眠りのパートナーにするのです。

3.守ってあげたくなる人

少年のそばで眠る猫

猫が人と眠る理由には、意外にも「守ってあげたい」という動機が込められている場合があります。就寝中は無防備になるので危険だと思っているのです。

周囲を見回すために飼い主さんにはお尻を向けていることが多いでしょう。小さな子どものそばで眠る猫も、「私が守らなくちゃ」と思っているのです。

4.猫大好き感が薄い人

家族の中で猫好き度が高すぎる人と、そこまでではない人がいる場合、猫は後者を選びます。その理由はシンプルです。

猫好きアピールが薄い人は、強引に一緒に眠ろうとはしないからです。気分によって寝る位置(寝姿勢)を変えたい猫や、そもそも場所自体を変えたい猫は自由度の高い環境を選びやすいのです。

一緒に寝てもらうには?

抱っこしてもらう猫

今はまだ、パートナーとして選ばれる頻度が低い人でも諦めないでください。次のようなことを意識することで、一緒に眠りたいと思ってくれる日が来るかもしれません。

  • 強引に誘わない
  • 布団の中に入れようとしない
  • 大体同じ時間帯に就寝する

無理に一緒に寝ようとはせず、愛猫のペースに合わせてあげてください。

まとめ

女性と一緒に眠る猫

猫好きさんにとって、毎日愛猫と寝られるのが理想ですよね。その理想を叶えている人には4つの特徴がありました。

寝相を変えるのは困難ですが、就寝時間を意識することはできそうですね。暑さが落ち着けば人肌が恋しい季節がやってきます。「一緒に眠ってほしい!」と思う飼い主さんは、アピール控えめで準備をしてみてください。

スポンサーリンク